陥入爪の応急処置

 

 

陥入爪の応急処置について

ここでは、陥入爪の応急処置について詳しく説明をしていきます。

 

陥入爪は爪のトゲに当たる角が皮膚に突き刺さっているような状態を指し、歩行などで上から体重が掛けられることにより、更に食い込みが激しくなって痛みが増すのです。

 

それに、時間が経てば経つほど爪の変形は加速されると想定されるので、それだけ痛みが引き起こされやすくなることは間違いありません。

 

ここでご紹介している応急処置で陥入爪の痛みを和らげられるのですが、完全に陥入爪を治すような方法ではないということを頭に入れておく必要があります。

 

それに、応急処置を施しても痛みが軽減されないという方は、かなり症状が進行している可能性が高いので、そのような方は早めに病院での診察を受けるべきです。

コットンパッキングを行う

陥入爪の応急処置として、爪と皮膚の間に小さな綿の玉を入れるコットンパッキングが有名となってあります。

 

一般的に爪の両端が皮膚に食い込むというケースが多いので、その2ヵ所に脱脂綿などを詰め込むことにより、皮膚との接触を避けられるので痛みを軽減できるというわけです。

 

軽度の陥入爪であれば、コットンパッキングだけでも改善できると言われているので、試す価値は大いにあると言えるでしょう。

 

コットンパッキングは自宅で気軽に処置を施せるというところが大きなメリットで、難しい手順も一切ないというところが特徴ですが、同じ脱脂綿を長期的に詰めていると衛生的にあまり宜しくないので、できる限り小まめに取り替えるようにしてください。

テーピングを行う

これは病院でも陥入爪の応急処置として行われている方法の一つなのですが、弾性絆創膏を親指の外側から螺旋状に巻いていくテーピング法により、痛みを和らげることができます。

 

テーピングによって爪と肉を切り離すことができるので、痛みを軽減できるという仕組みです。

 

自分では上手くテーピングできないという方は、病院を訪れて専門医の方に伺ってみてください。

 

親切な病院であれば、正しいテーピングの巻き方についてしっかりと教えてくれるはずです。

一旦深爪にする

これはあまりおすすめできない方法なのですが、陥入爪による痛みが激しいのであれば、その応急処置として一旦深爪にする方法があります。

 

しかし、深爪をすると余計に爪の変形が激しくなると言われているので、この状態で放置するのではなく、今後の対処方法について専門医の診察を受けるのが最適です。

 

ただ深爪にしていれば良いというわけではないことを、頭に入れておいてください。

 

 

「陥入爪の予防」についてのページ