陥入爪の人の靴選び

 

 

陥入爪の人の靴選びについて

意外と疎かにしている方がいらっしゃるかもしれませんが、陥入爪で悩まされている人は靴選びが重要となっております。

 

自分の足のサイズに合わないきつい靴を履いて長時間に渡って過ごしていると、陥入爪の悪条件を揃える結果となってしまうのです。

 

爪を圧迫しないような靴選びを行っていれば陥入爪の症状が急激に悪化することはないですし、靴の履き方や合わせ方を変えるだけでも足への負担を和らげることができます。

 

もちろん、既に陥入爪で悩まされている人だけではなく、巻き爪や陥入爪を予防したいという方も靴選びには注意しなければなりません。

 

日本人は欧米人と比べると自分の足に対して無関心で、陥入爪だけではなく外反母趾や扁平足といった足の障害を抱えている人は増えております。

 

肌の美容を考えている女性でも足のケアが疎かになるのは、サンダルといった靴を履かなければ外から見えないことが大きな原因なのではないでしょうか。

 

しかし、「足は全身を支配する」と考えられているほど重要な存在で、自分のサイズに合わない靴を履き続けていると膝や腰の痛みに発展します。

 

そのため、陥入爪を予防するだけではなく、節々の痛みを予防して日常生活に支障を来たさないように、慎重に靴選びをしなければならないのです。

 

正しい靴選びのポイントとしては、「靴の中で自分の足が綺麗におさまる」「紐かマジックテープで甲が抑えられている」「インソールがフィットしている」「指先に多少の余裕があって指が自由に動く」「かかとの部分がしっかりとしている」となっております。

 

これらの点に注意して靴選びを行っていれば、足の親指に大きな負担がかかることがないので、陥入爪を未然に予防できるというわけです。

 

つま先が常に靴の内側とぶつかっていたり、歩いている時に靴が脱げそうになったりという方は、間違いなく自分の足と靴がフィットしていないことになるので、早めに別の靴と変えた方が良いかもしれません。

 

症状は「炎症期」→「化膿期」と段階的に悪化していくという特徴がありますし、陥入爪自体が巻き爪よりも酷くなった状態を指すので、これ以上足に負担をかけないためにも靴選びが大事だということはお分かり頂けるはずです。

 

そして、正しい靴選びで自分に合った商品を見つけたら、「真っ直ぐに歩く」「かかとから着地する」「胸を張って前のめりにならない」という点に注意し、正しい歩き方を身に付けて陥入爪を予防してみてください。

 

 

「陥入爪の予防」についてのページ