陥入爪とガーゼ

 

 

陥入爪とガーゼについて

陥入爪の痛みを和らげるために、ガーゼを食い込んだ爪の間に挟むという方法があります。

 

コットンを爪と皮膚の間に詰め込むコットンパッキングと同じような方法であることには変わりありませんが、爪を軽く持ち上げてくれるので、痛みを感じずに済むというわけです。

 

細菌による感染を防ぐために清潔なガーゼを使用するのが大事で、ずっと同じものを詰めるのではなく、できる限り小まめに取り替えた方が良いと思われます。

 

陥入爪の症状が軽症の場合は、ガーゼを詰めておくだけで自然と治ることもあるのですが、既に爪に大きな変形が来たされているという場合は、ガーゼを詰め込んだだけで治すことはできず、病院などで矯正器具を使った治療を行っていかなければなりません。

 

以前は、炎症や化膿が酷いという場合、爪を全部剥がすような処置がありましたが、次に生えてくる爪が爪床に引っ掛かり、より変形して陥入爪の症状が悪化するという弊害があるので、現在ではほとんど行われていないと思います。

 

その代わりとして行われている治療が、薬品を使って数mm程度爪母を切除するフェノール法や、光を照射するレーザー治療などです。

 

多くの病院ではこのような陥入爪を治す手術が行われておりますが、爪が細くなったり踏ん張りが効かなくなるということが懸念されております。

 

そのため、必ずしも病院で手術を受けなければならないというわけではなく、自宅で矯正する方法もあるのです。

 

このサイトでは、自宅で陥入爪を治す巻き爪ブロックをご紹介しており、病院で治療を受けるよりも安い価格で矯正できます。

 

バネをつけていても日常生活に大きな支障は出ないので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、上記でご紹介したガーゼを使って痛みを和らげる方法は、自宅で行える対処法として優れていることは間違いありませんが、ただ痛みを抑えるための方法であるということを頭に入れておく必要があります。

 

そこまで大きく爪の変形が引き起こされていないのであれば、ガーゼを詰めるだけで痛みが治まるかもしれませんが、自分に合わない靴を履いていたり、激しい運動によって爪に大きな負担が掛けられていると、直ぐに元に戻ってしまうのです。

 

もちろん、元に戻るだけではなく、より深く爪が皮膚に刺さって更に痛みが加速するという可能性も十分に考えられるので、自宅で矯正できる巻き爪ブロックか、病院での診察を受けてしっかりと完治させましょう。

 

 

「陥入爪の予防」についてのページ