陥入爪とコットンパッキング

 

 

陥入爪とコットンパッキングについて

陥入爪で悩まされているという方は非常に多く、病院に行きたいけれど行く時間がないという方はいらっしゃいます。

 

そんな時に痛みでも解消したいという方に適しているのが、このページでご紹介しているコットンパッキングです。

 

陥入爪は、爪のふちが皮膚の肉に挟まっているような状態を指し、患部が膿むと激しい痛みが引き起こされ、歩行すら困難になるという方もいらっしゃいます。

 

そこで、脱脂綿を小さく丸め、それを陥入爪が引き起こされて痛みが生じている部分に詰め込むことにより、食い込みを避けられるので、痛みを緩和できるというわけです。

 

コットンパッキングによってある程度爪を持ち上げることが可能で、自宅でできる予防方法として非常に優れていると言えるのではないでしょうか。

 

詰め込むのが難しいという方は、手で入れるのではなくピンセットなどを使うべきです。

 

清潔感を保つためにも、ピンセットでコットンパッキングを行った方が良いと思います。

 

コットンパッキングを行うポイントとしては、一度に大量の脱脂綿を詰め込まないということで、あまりにも量が多いと中でトゲ状のものが残って痛みが倍増となりますし、爪自体が割れてしまうこともあるのです。

 

量が少なすぎても大きな効果を得ることができないのですが、無理のない量を少しずつピンセットで詰める方法が適しております。

 

このケアを続けていれば、少しずつ爪が持ち上がり、爪が伸びてくれば皮膚に引っ掛かることがなくなるので、陥入爪によって引き起こされている痛みがなくなるはずです。

 

また、詰めた直後に多少の痛みを感じることがあるかもしれませんが、しばらく経っても違和感が消えないという場合は入れる脱脂綿の量が多いと思われるので、少し少なくしてみてください。

 

以上のように、陥入爪の痛みを軽減できるコットンパッキングは優れていると言えますが、陥入爪自体を改善できるわけではないということを頭に入れておく必要があります。

 

それに、既に炎症や化膿が引き起こされているのであれば、コットンパッキングで全てを解決することはできないのです。

 

そこで、陥入爪を治して正常な爪の形を維持したいと考えている方は、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使ってみましょう。

 

巻き爪ブロックであればバネの力によって爪を持ち上げてくれるので、痛みを軽減するとともに、爪の形を改善できるのです。

 

お一つ3,000円と非常に低価格で販売されているグッズなので、試す価値は大いにあると思われます。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

 

 

「陥入爪の予防」についてのページ