陥入爪とアルミホイル

 

 

陥入爪とアルミホイルについて

アルミホイルで陥入爪を治せるというわけではありませんが、病院での治療の一環としてアルミホイルが利用されることがあります。

 

全ての病院で行われるというわけではありませんが、爪が短くワイヤーが通せないという場合、爪と皮膚の間にパイプやアルミホイルを入れて痛みを和らげるのです。

 

脱脂綿を爪と皮膚の間に詰め込むコットンパッキングのようなもので、アルミホイルが媒介となって陥入爪による痛みを和らげられます。

 

ワイヤーによる矯正は多くの病院で実施されているのですが、爪の白い部分に2ヵ所の穴をあける必要があるため、ある程度爪を伸ばさなければ施術を受けられないのです。

 

しかし、陥入爪が引き起こされているという方は、爪が皮膚にどんどん食い込んでいくため爪を伸ばすことが非常に難しいので、痛みを少しでも軽減させるためにアルミホイルが使用されます。

 

そして、爪が2mmほど伸び、穴をあけるスペースができたのであれば、ワイヤーによる矯正が再開されるという仕組みです。

 

もちろん、病院で行わなくても、自宅にアルミホイルはあると思われるので、自分で爪と皮膚の間に詰めて痛みを和らげるのも良いかもしれません。

 

以上のように、病院で行われるワイヤー矯正には爪を伸ばさなければ施術ができないというデメリットがありますが、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックは、爪が短くても変形が酷くても装着が可能となっております。

 

自宅で使用できる矯正グッズの中で、非常に人気を得ている製品なので、是非一度試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、アルミホイルなどで痛みを抑え、爪を伸ばさなければ施術を受けられないワイヤー法に対して、病院で行われているプレート法は爪が短くても矯正ができる施術の一つとなっております。

 

ワイヤーよりも矯正力が弱いというデメリットがあり、日常生活の中で外れてしまうこともあるのですが、ありとあらゆる陥入爪の症状の方が利用できるというところが優れているのです。

 

どちらにもメリットとデメリットがある施術となっているので、医師と相談してどちらで矯正を行っていくのか決めましょう。

 

 

「陥入爪の予防」についてのページ