陥入爪と膿

 

 

陥入爪と膿について

陥入爪に限った症状ではありませんが、巻き爪などによって爪が皮膚に突き刺さり、爪の周りが腫れて膿が溜まることがあります。

 

膿は身体にとって決して良いものではなく、このような状態を長く維持していることにより、症状が悪化してひょうそという病気にかかることがあるのです。

 

ひょうそは陥入爪以上に恐ろしい病気であり、膿を放置することで最悪の場合は手足を切断しなければならないような状態にまで陥る可能性があるので、早めに何らかの処置を施す必要があります。

 

とは言え、たまに自分で膿を搾り出すようなケアをしている方がいらっしゃいますが、確かに膿を体外へ排出した方が良いものの、陥入爪の症状を悪化させるだけです。

 

それに、市販で販売されているような消毒液を使ったところで、確実に治ると言い切ることはできないので、自分の判断で膿を出すような試みは絶対にしない方が良いでしょう。

 

病院に行けば、陥入爪と膿の症状にもよって異なりますが、消毒をして局所麻酔を打ち、切開をして縫い合わせるような処置を施したとしても、30分程度の施術で終わってしまいます。

 

個人の状態によってはたとえ陥入爪によって化膿していたとしても、手術ではなく矯正で治療を行うという病院もあるので、大掛かりな治療になるというわけではないのです。

 

このように、自己判断で処置を施そうとするのではなく、必ず専門医に症状を診せた方が治りやすいということは間違いありません。

 

患部から膿が出ているような状態で、このサイトで紹介している巻き爪ブロックを使っても、症状を改善できないかもしれませんが、軽い症状であれば治すことができます。

 

巻き爪ブロックは、自宅で矯正グッズを使ってケアできる素晴らしいアイテムなので、興味がある方は一度使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、陥入爪によって膿が溜まった状態を病院で治療する際、「とんでもない料金がかかるのではないか?」と不安を覚える方がいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

ワイヤーやプレートによる陥入爪の矯正は保険外となっているので、ある程度の費用がかかると想定されますが、膿を取り除くような手術は保険適応となっているので、比較的安い費用で施術できます。

 

自分の判断で処置を施して症状を悪化させるよりかは、早めに病院で適切な治療を受けた方が良いということはお分かり頂けるでしょう。

 

そのため、まずは信頼できる病院を探すことから始めるのがベストです。

 

 

「陥入爪に関する疑問」についてのページ