陥入爪の症状

 

 

陥入爪の症状について

陥入爪は爪が巻いている巻き爪と同じような症状であると思っている方がいらっしゃいますが、両方を併発することが多いものの正確には異なり、巻いている部分を切り落とすことで棘状に残ったり皮膚に食い込んだりしてしまいます。

 

爪の一部が皮膚に食い込んでいるという症状が陥入爪の大きな特徴で、最初はチクチクとした痛みだけが引き起こされるのですが、悪化することで患部がだんだんと腫れ、肥厚していくのです。

 

そして、肥厚した皮膚が更に爪を圧迫するため、症状を放置すればするほど爪が更に曲がって痛みが加速されるという悪循環に陥ります。

 

一般的に陥入爪は足の親指に引き起こされやすいと言われておりますが、それは歩く時に一番力を入れて踏ん張るのが足の親指だからです。

 

力を入れて踏ん張ることにより、爪が指の肉に食い込みやすくなって陥入爪の症状が悪化する傾向にあるので、つま先が圧迫するような靴を履いている方や、つま先から着地するような歩き方をしている方は十分に注意しなければなりません。

 

中には陥入爪の症状を甘く見ている方がいらっしゃいますが、放置していると痛みによって靴が履けなくなり、歩行すらままならないという事態も考えられます。

 

手が陥入爪になることはほとんどありませんが、痛みが引き起こされるという点では一緒で、日常生活に大きな支障が出て不自由な生活を強いられてしまうのです。

 

そのため、症状が悪化する前に、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックの使用をおすすめします。

 

巻き爪ブロックはバネ状のグッズとなっており、これを装着することで爪を持ち上げて痛みを和らげてくれるのです。

 

そして、変形した爪を少しずつ元の正常な状態へと戻してくれるので、是非一度使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、痛みによって歩くのが難しいという状態まで陥入爪の症状が進行しているという方は、上記で説明した巻き爪ブロックの使用では上手く改善できないことがあります。

 

それに、患部が化膿したまま放置していると、最終的には指を切断しなければならなくなるので、このような事態を避けるためにも早めに病院を受診した方が良いのです。

 

もちろん、病院でワイヤーやプレートを使って矯正をしたとしても短時間で治すのは不可能なので、時間をかけて治さなければならないという覚悟がなければなりません。

 

専門医から詳しく説明があると思われますが、病院での治療だけではなく、「深爪をしない」「窮屈な靴を履かない」といった予防も同時に行っていきましょう。

 

 

「陥入爪に関する疑問」についてのページ