陥入爪と消毒

 

 

陥入爪と消毒について

陥入爪は爪が皮膚に刺さるような症状を指すため、その傷口が広がって炎症を引き起こすことがあります。

 

この炎症を放置していると、やがて化膿して膿が出るようになるので、きちんと消毒を行った方が良いのですが、自分の判断で市販で販売されている製品で消毒を行うのはあまりおすすめできないです。

 

患部が化膿しているということは、それなりに症状が悪化していると想定されるので、間違ったケアを続けることで更に陥入爪が治りにくくなることも十分にあり得ます。

 

ただでさえ、陥入爪は治りにくいと言われている症状なのですが、間違った消毒をして重症化すれば、更に完治までに時間がかかることは間違いありません。

 

そのため、市販で販売されているマキロンといったグッズで消毒を行うのではなく、早めに病院での診察を受けて、自分に適切な薬や治療をしていくのがベストです。

 

それに、消毒薬で炎症や化膿を抑えられたとしても、陥入爪自体が改善されていなければ、また同じような症状が引き起こされることがあるので、そのような弊害を少しでも防ぐために病院で治療を受けた方が良いと思われます。

 

もし、炎症や化膿が引き起こされていないのであれば、当サイトでおすすめしている巻き爪ブロックで、症状を和らげて完治させることが可能です。

 

病院に行く時間がないという方に適している矯正グッズで、自宅でバネを装着するだけで正常な爪へと導いてくれます。

 

巻き爪ブロックは、気軽に利用できるグッズの一つなので是非一度試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、傷口の消毒を行うために市販の薬に頼っているという方はいらっしゃるのですが、薬の選び方や使い方次第では症状が悪化する可能性があります。

 

自分で判断するのではなく、専門医が指示する薬を服用しなければならないということも挙げられますが、陥入爪の治療において消毒薬の中には、炎症を早めるものがあるのです。

 

そのため、基本的には陥入爪や巻き爪の治療を行うに当たり、消毒薬の使用はNGとなっております。

 

また、消毒薬だけではなく、抗生物質や鎮痛剤を服用するという場合も十分に注意が必要で、漫然と服用し続けることで体内に耐性菌が生まれたり、内臓に大きな障害が来たされることがあるのです。

 

消毒薬に限った話ではなく、どんな薬にも副作用は存在するもので、その副作用を少なくし、嬉しい作用を期待するには、医師が選ぶ薬を服用するのが一番であると言えるでしょう。

 

 

「陥入爪に関する疑問」についてのページ