陥入爪の化膿

 

 

陥入爪の化膿について

陥入爪は皮膚に爪の角が刺さり、そこから細菌感染を引き起こすため、炎症を起こしたり化膿したりすることがあります。

 

出血しているようなトラブルに見舞われても自分の判断で処置を施すという方が多く、陥入爪によって引き起こされた患部の化膿がどうしようもないような状態になって、やっと病院に行く方が多いようです。

 

しかし、患部が化膿しているということは、それだけ症状が重くなっているということを指しており、放置することで指を切断しなければならないというケースもあります。

 

そのため、自己判断で何らかのケアを行うのではなく、化膿した場合は早く病院で治療を受けた方が良いということはお分かり頂けるでしょう。

 

痛いのが怖いということで、病院を嫌っている方は多くいらっしゃいますが、たとえ患部が化膿していたとしても手術をしなければならないというわけではなく、陥入爪の矯正という方法をとることもあるので、怖がらずに受診するべきです。

 

陥入爪によってどの程度皮膚が傷ついているかにより、病院で行われる治療方法は異なるのですが、軽症の場合はワイヤーといった器具を使用した矯正が一般的となっております。

 

これはワイヤーを爪の先端部分に通すことにより、その張力を利用して正常な形に戻そうと試みる方法です。

 

とは言え、化膿した患部が重症化しているという方は、陥入爪を矯正するよりも前にその炎症を抑えなければならないので、手術が行われることは決して少なくありません。

 

手術と聞くと大掛かりな治療が行われるのではないかと不安になるかもしれませんが、現在では術後の痛みがほとんどないような方法がとられております。

 

以前はメスを使用して爪の一部を切除したり、爪を全て剥がすような処置がとられていたのですが、現在行われているフェノール法と呼ばれるものは、麻酔を使うものの薬品で爪母を殺すという施術で、患者さんの負担が非常に少ないのです。

 

ただし、フェノール法で陥入爪の化膿を抑えるような手術を行ったとしても、再発の可能性がゼロというわけではないので、日頃のケアが重要であると言えます。

 

陥入爪は遺伝といった先天的な要因ではなく、爪の切り方や靴の選び方など後天的な要因が多いので、間違った対処をしていないか確かめてみてください。

 

そして、何らかの理由で直ぐに病院に行けないという方は、化膿した患部を清潔に保ち、無理にいじったりしないように心掛けましょう。

 

 

「陥入爪に関する疑問」についてのページ