陥入爪の弾き方

 

 

陥入爪の弾き方について

陥入爪を治す方法の一つとして、爪を弾いている方がいらっしゃいます。

 

どのような弾き方を行えば良いのか分からないという方はいらっしゃいますが、糸ようじなどを食い込んでいる爪に当て、それを弾くことで爪を皮膚の外に押し出せるので、陥入爪による痛みを軽減できるというわけです。

 

もちろん、糸ようじではなくても良いのですが、自宅にある手軽なものの中では、糸ようじが一番適していると言えます。

 

弾き方によっては皮膚を痛めてしまうことがあるのですが、痛みを抑えるために深爪をするよりも、ずっと効果的な方法なのです。

 

確かに、深爪をすれば爪が皮膚に食い込むことはなく、痛みを和らげることができるのですが、爪が伸びるに従って皮膚の盛り上がった部分にぶつかり、だんだんと変形して爪が生えるようになるので、より陥入爪の症状が悪化します

 

このような事態を防ぐためにも、弾いて改善した方が良いと言えるでしょう。

 

しかし、弾き方によっては誤って皮膚を傷つけ、上手く改善できないということもあり、人によっては激痛を伴うことがあるため、積極的におすすめできる方法ではないです。

 

安全に陥入爪を治せるという方法ではないので、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使用するのが良いと思われます。

 

巻き爪ブロックであれば、バネを装着するだけで陥入爪を治療できる非常に優れたグッズなのです。

 

病院に行く時間がないという方でも気軽に自宅でケアできるグッズとなっているので、興味があるという方は是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、爪を弾く方法以外にも、クエン酸やマキロンを使用して陥入爪の炎症を自宅で抑えようとしている方がいらっしゃいますが、できる限り病院で施術を受けるべきです。

 

このような方法で陥入爪を改善できたという方は実際にいらっしゃるのですが、逆に症状が悪化し、結局病院で治療を受けなければならないという状態になった方は多いのです。

 

どちらにしても病院で治療を受けるのであれば早い方が良いことは間違いないので、自己判断で処置を施すのではなく、専門医の診断をしっかりと受けた方が良いと思われます。

 

もちろん、病院では手術だけではなく、痛みのない矯正方法も行われているので安心してください。

 

 

「陥入爪に関する疑問」についてのページ