赤ちゃんの陥入爪

 

 

赤ちゃんの陥入爪について

赤ちゃんは陥入爪にならないと思っている親御さんはいらっしゃいますが、決してそんなことはなく、誰にでも起こり得る症状の一つなので、赤ちゃんも例外ではないのです。

 

赤ちゃんの爪は非常に柔らかく、爪の伸びも早いという特徴があります。

 

そのため、一度に爪を切ろうと試みたり、清潔感を保とうとして親御さんが赤ちゃんの爪を深く切って深爪になると、だんだんと陥入爪になってしまうので注意が必要なのです。

 

赤ちゃんが陥入爪に悩まされる大きな原因としてはこの深爪ですが、遺伝といった先天的な原因も十分に考えられます。

 

陥入爪が遺伝によって引き継がれ、陥入爪のまま生まれてくるということはありませんが、爪の形や厚さが親に似て、爪の変形が引き起こされやすいということはあり得るのです。

 

また、大人は両足で歩くことである程度の刺激が爪に加わっているため、平らに保つことができるのですが、両足で歩くことのできない赤ちゃんは刺激が何も加わらないので、大人と比べて不自然になるという傾向があります。

 

もちろん、他のページでも説明致しましたが、ある程度の刺激が必要だと言っても、窮屈な靴を履いているという理由で大きな負荷が爪に掛けられていると、陥入爪になりやすくなるので気をつけなければなりません。

 

さて、大人であればこのサイトで紹介しているような巻き爪ブロックといった矯正グッズが使えますが、赤ちゃんの爪には装着できないと思われるので、深爪をなるべくしないといった予防が大切です。

 

また、陥入爪の症状の程度に関わらず、不安を抱いているのであれば、早めに皮膚科や小児科を訪れてアドバイスを受けるのが良いでしょう。

 

とは言え、赤ちゃんの陥入爪や巻き爪の大きな原因は爪が薄いことであると言われているので、そこまで焦らなくても成長するに従って緩和されることがあります。

 

陥入爪になっているからといって、直ぐに手術をしなければならないというわけではなく、炎症や化膿が引き起こされていないのであれば、毎日の予防で何とかなるのは事実です。

 

また、赤ちゃんの爪は非常に薄いため、スプーンネイルになる可能性があるのですが、成長して自分の足で歩くことによって爪が鍛えられて丈夫になっていきます。

 

しかし、それでも正常な爪にならないという赤ちゃんはいるので、保護者の方は良く赤ちゃんの爪を観察し、痛みで泣き止まないことがあるのであれば、専門医の受診が最適です。

 

 

「陥入爪に関する疑問」についてのページ