陥入爪の手術と麻酔

 

 

陥入爪の手術と麻酔について

陥入爪を治すために行われている手術は病院によっては異なりますが、陥入している爪を除去したり、薬品で爪母を殺して爪を生えてこさせなくする方法が一般的です。

 

これらの手術を行う前には必ずと言っていいほど麻酔が使用されるのですが、この麻酔でどの程度の痛みが引き起こされるのか不安を感じている方はいらっしゃいます。

 

陥入爪の手術の際には全身麻酔ではなく、局所麻酔が使用されるのですが、人によってはかなりの痛みが引き起こされるかもしれません。

 

悲鳴を上げたりあまりの痛さに失神するという方は非常に稀なのですが、指先にはたくさんの神経が通っており、念入りに麻酔をかけなければ陥入爪の手術ができないので、複数回に渡って麻酔を打つことがあります。

 

2回目以降の麻酔はチクっとする程度だと思われますが、最初の麻酔の際に飛び上がるほどの痛みを感じることがあるのです。

 

とは言え、麻酔による痛みは担当する医師によって変化するという特徴があり、熟練された専門医が担当することで麻酔による痛みをある程度和らげられます。

 

しかし、本当に注意しなければならないのが、麻酔によって引き起こされる痛みではなく、手術後に引き起こされる痛みです。

 

手術の方法にもよって異なり、薬剤を使って爪母を焼くフェノール法は、術後にほとんど痛みが引き起こされないというメリットがありますが、以前まで頻繁に行われていた鬼塚法と呼ばれるメスを使用した手術は、術後に激しい痛みが引き起こされます。

 

痛みの程度は人によって違いが生じているので何とも言えませんが、鎮痛剤を使用しても全く痛みが引けないという方もおり、患者さんに大きな負担がかかるということで、現在ではあまり行われていません。

 

その点、フェノール法であれば、鎮痛剤を飲めば転げ回るほど痛いということはないので、安心して陥入爪の手術を受けられると思います。

 

以上のように、病院で陥入爪の手術を受けるという場合は麻酔が必要となり、この痛みに耐えなければならないと言えるでしょう。

 

もし、麻酔の痛みさえも我慢できないという方は、病院で手術を受けるのではなく、自宅で巻き爪ブロックを使って少しずつ矯正をしていくべきです。

 

既に炎症が引き起こされていたり、爪の部分が化膿している場合は専門的な手術が必要となりますが、症状が軽ければ陥入爪の矯正に必要なものが全て巻き爪ブロックに入っているので、治すことはできると思います。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

 

 

「陥入爪の手術」についてのページ