陥入爪の手術にかかる費用

 

 

陥入爪の手術にかかる費用について

陥入爪の手術にはとんでもない費用がかかるのではないかと不安を抱えている方がいらっしゃるかもしれませんが、基本的にワイヤーやプレートを使用した保存療法よりも安い費用で受けられます。

 

病院によって掲示されている費用には違いが生じているので一概に説明することはできませんが、ワイヤーやプレートの矯正は保険が適用されないので、全ての費用を自費で負担しなければなりません。

 

その点、陥入爪の手術は保険が適用されますし、手っ取り早く治せるということで、好んで手術を受けるという方もいらっしゃるのです。

 

皮膚科などで行われている一般的な手術として、フェノール法と呼ばれるものがあり、これは薬を使って爪母を焼き切ることで、爪を生えてこさせなくさせられます。

 

陥入爪の方は爪が伸びてくることで、皮膚の中に食い込んで痛みが引き起こされているのですが、フェノール法によってそのような症状を改善できるというわけです。

 

「炎症が引き起こされていても施行できる」「高度な陥入爪の方にも適している」「手術当日から入浴できる」というメリットがあり、麻酔による痛みはあるものの、施術中に痛みが引き起こされることはないので、安心して受けられると思います。

 

フェノール法の手術費用も病院やクリニックによって異なるのですが、とある皮膚科では手術代が4,200円、手術前の検診代が1,690円といったように、非常に安めに設定されているのです。

 

もちろん、その他にも初診料や薬剤料が必要となりますが、合計で2万円以上かかるということはほとんどないでしょう。

 

色々と行われている手術の中でも、フェノール法は気軽に受けられるので、無料カウンセリングなどで詳しく伺ってみることをおすすめします。

 

以前まで主流となっていた爪の横を大きく切開する鬼塚法も、保険が適用される陥入爪の手術となっているので、そこまで大きな費用はかかりません。

 

実際は矯正治療よりも手術の方が保険が適用されるため、費用だけでみると安くなっておりますが、手術が必要ないのにも関わらず受けるのは全く意味がないです。

 

軽度の症状であれば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックでも十分に陥入爪を改善できます。

 

しかも、かかる費用は3,000円と、病院で行われているどの治療法よりも安いというメリットがあるのです。

 

自宅で何らかの対処を行いたいと思っている方は、是非巻き爪ブロックを使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

 

 

「陥入爪の手術」についてのページ