陥入爪の手術

 

 

陥入爪の手術について

一般的に、そこまで陥入爪の症状が進んでいないのであれば、ワイヤーやプレートを使った矯正で改善できるのですが、炎症が引き起こされているという場合は、爪の縁を爪母から切除する鬼塚法や、薬品を用いて爪を生えてこなくさせるフェノール法といった手術が行われます。

 

陥入爪の治療は大きく分けると手術と保存療法の2つがあり、前者は上記のような施術を指し、後者は爪の切り方や靴の選び方といったフットケアや、形状記憶合金のプレートや超弾性のワイヤーを使った治療のことを指すのです。

 

陥入爪で悩まされているからといって、直ぐに手術をしなければならないというわけではありませんが、保存療法を一定期間に渡って繰り返したのにも関わらず、有効ではないという場合に限って手術が行われます。

 

もちろん、医師の診断によって今すぐにでも手術を行わなければならないと判断する場合があるので、そのような時は専門医の指示に従って陥入爪を治す手術を行った方が良いでしょう。

 

陥入爪の手術にも色々な方法があり、痛みの程度や再発率は異なるのですが、症状がそこまで重くないのであれば、まずは自宅で巻き爪ブロックを使ってケアを行うことをおすすめします。

 

ある程度の症状であれば、巻き爪ブロックを使用することで、症状を和らげることが可能です。

 

誰でも自宅で気軽に陥入爪を改善できることは間違いないので、興味があるという方は巻き爪ブロックを使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、陥入爪になって保存療法では改善が難しいという場合には手術が行われますが、その中で大きな痛みがなく患者さんへの負担が少ない方法としてフェノール法という施術があります。

 

他のページでも詳しく説明致しましたが、この手術はフェノールと呼ばれる薬品を使用して爪の根源である爪母を殺すことで、爪を生えてこさせなくできるのです。

 

麻酔を行う際に注射をするので、チクっとした痛みが引き起こされるかもしれませんが、失神するほど痛いというわけではないので、我慢して頂くしかありません。

 

最近ではあまり病院で行われていない手術ではありますが、電気メスを使用する方法に比べて遥かに術後の痛みが少ないのは事実です。

 

とは言え、陥入爪を保存療法で改善したり、手術をして治したとしても、再発率が高いということを頭に入れておく必要があります。

 

そのため、完全に陥入爪を治した後も、足の指や爪に負担がかからない靴を選ぶといった日頃なケアが大事だと言えるでしょう。

 

 

「陥入爪の手術」についてのページ