やすりで陥入爪を治す

 

 

やすりで陥入爪を治そう

陥入爪で悩まされているという方は、同時に爪が変形して巻いたようになる巻き爪を併発していることが多く、思うように爪が切れないということで悩んでいる方はいらっしゃいます。

 

無理に爪を切ろうと試みると割れることがありますし、2枚爪になって更に陥入爪の症状が悪化する可能性があるので、このような方は爪やすりを使ってケアしてみてください。

 

既に爪やすりで削っているという方はいらっしゃるかもしれませんが、爪が肉に食い込んで痛みが引き起こされている時、角を少し削るだけでも症状が緩和されます。

 

それに、爪切りを使用すると深爪になることがあり、これが陥入爪の大きな原因なのです。

 

清潔感を出そうとして、爪の先端にある白い部分まで切り落とそうと試みている方はおりますが、深爪をすると先端部分が皮膚の中に埋もれ、爪が伸びることで更に食い込むといったように、悪循環に陥ります。

 

そして、食い込んでできた傷に細菌が侵入して、感染症を引き起こしたり肉芽が形成されたりと、どんどん治りにくくなってしまうのです。

 

このように、深爪には十分に注意しなければならないので、爪やすりを使って少しずつ削ることで深爪を防げるでしょう。

 

爪やすりを使ってチマチマと削るのが面倒だという方はいらっしゃいますが、陥入爪の症状を悪化させないためには、念入りに爪のケアをしていかなければならないのです。

 

ドラッグストアや通販では、陥入爪や巻き爪で悩まされている方におすすめの爪やすりが販売されており、爪切りではお手入れがしにくかった場所でも容易に削ることができます。

 

しかも、製品によっては、「細かく削るストレートのやすり」「丸みを帯びているやすり」といったように、場所に合わせて2種類のやすりが用意されており、この2つを使用していくことにより、徹底的に陥入爪のケアができるというわけです。

 

陥入爪用や巻き爪用の爪やすりは、通常の製品よりも高価となっておりますが、基本的に壊れるものではないので長く使えるということは間違いありません。

 

病院で矯正器具を使用して陥入爪を治していくにしても、爪のケアは普段と同じようにしていかなければならないので、気に入った製品を購入することをおすすめします。

 

ただし、爪やすりを使用したとしても、削りすぎてしまっては全く意味がないので、爪の先端部分にある白いところを1〜1,5mm程度残すようなケアを怠らないようにしてください。

 

 

「陥入爪を治す方法」についてのページ