リハビリで陥入爪を治す

 

 

リハビリで陥入爪を治そう

病院を受診することで、陥入爪を毎日のリハビリで治すことができます。

 

巻き爪の症状が悪化した状態を陥入爪と呼び、個人によって症状には違いが生じているものの、爪が皮膚に食い込んでいる点では一緒です。

 

このような状態を放置していると炎症や化膿が悪化し、痛みで日常生活に支障を来たすかもしれないので、早めに病院でリハビリをした方が良いのではないでしょうか。

 

軽度の巻き爪とは大きく異なり、陥入爪は自然に解消されるケースが非常に少ないですし、自分で処置を施しても改善できないかもしれないので、病院でのリハビリが必要なことはお分かり頂けるはずです。

 

プレートやワイヤーといった器具を使うことで陥入爪のリハビリができ、病院によっては「矯正力が微弱のクイック法」「スタンダードな矯正力のクラシック法」「矯正力が強くて即効性が期待できるハイフォーム法」などに分かれております。

 

個人の陥入爪の症状によってどのようなリハビリを選択すれば良いのか異なるため、詳しいことは皮膚科や整形外科といったクリニックを受診して医師の判断に委ねた方が良いかもしれません。

 

病院の公式サイトに掲示されている画像を見れば分かるかもしれませんが、陥入爪が悪化すると目を背けたくなるような状態に陥ることがあります。

 

応急処置もリハビリもせずに陥入爪を放置していると、患部がジュクジュクと膿み、腐ったような状態に陥ることもあるのです。

 

酷い状態になればなるほど陥入爪は治りにくくなるため、早めの段階で治療した方が良いのは間違いないのではないでしょうか。

 

ワイヤーやプレートといった器具を使っての治療が困難な陥入爪に関しては、薬品で爪の生える元を処理するフェノール法と呼ばれる手術が実施されます。

 

炎症や化膿が引き起こされている状態でもフェノール法を実施することはできるので、陥入爪を治療する最後の手段と言っても過言ではないのです。

 

もちろん、軽度の陥入爪であればフェノール法以外の方法で治療効果を得られるはずですし、全ての判断は医師に委ねた方が良いというのは間違いありません。

 

どんな方法でもリハビリは長期間に渡って続く可能性があるので、仕事をしている方にとっては大きな負担となってしまいます。

 

それでも、陥入爪を放置して歩く度に痛みが引き起こされるようになり、快適な日常生活が送れないと悩んでいる方はいらっしゃるので、男性の方も女性の方も症状が悪化しないうちに病院で治療を受けるようにしてください。

 

 

「陥入爪を治す方法」についてのページ