プレートで陥入爪を治す

 

 

プレートで陥入爪を治そう

病院で陥入爪を治す治療法の一つとして、プレートを使用した方法が挙げられます。

 

指の爪にプラスティックでできたプレートを医療用の接着剤で貼り付けることにより、変形した爪を徐々に正常な形に戻せるのです。

 

貼り付けた後は、ドライヤーの熱などを加えてプレートを延ばしていきます。

 

病院では陥入爪を治す方法として、ワイヤーを爪の中に装着する施術もありますが、これは爪の先端にある白い部分に穴をあける方法となっているので、ある程度爪を伸ばさなければなりません。

 

陥入爪で悩まされている方は、皮膚に爪の角が食い込んでいるので、爪を伸ばすことが困難で、重度の症状に悩まされている方ほどワイヤーによる矯正は難しいので、そのような方にプレートを使用した矯正が適しております。

 

陥入爪に加えて巻き爪の症状も併発しており、変形が酷いという方でも利用できるというところがプレートの大きなメリットです。

 

それに、爪の上から貼り付けるだけの施術となっているので、寝具や靴下を傷つけることがないというところも適しております。

 

もちろん、プレートを使ったとしても、短期間で陥入爪が治るというわけではなく、個人の症状によって異なるものの、半年間以上はかかると考えた方が良いでしょう。

 

それでも、メスで皮膚を傷つける必要がなく、施術に大きな痛みが引き起こされることはないので、安全な方法の一つなのです。

 

このプレートと似たような方法で陥入爪を矯正するグッズとして、このサイトで紹介している巻き爪ブロックが挙げられます。

 

この2つの大きな違いは、プレートを装着するかバネを装着するかで、巻き爪ブロックは病院で診断を受けなくても、自宅で試せるのです。

 

病院へ行く時間がないという方に適した矯正グッズとなっているので、一度巻き爪ブロックを使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、病院で行われている治療の中で、ワイヤーを使用した方法とプレートを使用した方法が一般的となっておりますが、どちらにもメリットとデメリットがあるので、きちんと把握しておく必要があります。

 

陥入爪の症状が酷いという方でも、爪を伸ばせないという方でも利用できるプレート法ですが、ワイヤーによる矯正よりも力が弱いという特徴があるのです。

 

それに、熱を加えることで矯正力が増すような仕組みとなっているので、一日に数回ドライヤーで温めなければなりません。

 

この作業が面倒だと感じる方は、プレート法よりもワイヤー法の方が適していると言えるでしょう。

 

 

「陥入爪を治す方法」についてのページ