ペディグラスで陥入爪を治す

 

 

ペディグラスで陥入爪を治そう

ペディグラスは、ネイルサロンや病院で取り入れられている陥入爪を治す方法の一つで、特許を取得した樹脂製の器具を使用してケアを行っていきます。

 

ペディグラスを利用することにより、本来あるべき健康的な爪へと導いてくれますし、ほとんど痛みを感じることなく陥入爪の矯正が可能です。

 

針や刃物を使わずに行われる施術となっているので、麻酔は一切使用しませんし、器具で陥入爪によって引き起こされていた肉への食い込みを防げるので、大きな痛みを感じることはないでしょう。

 

病院ではワイヤーを使った矯正が一般的となっておりますが、この方法は爪に穴をあける施術なので、爪が割れる可能性があります。

 

しかし、ペディグラスは、点ではなく面で行われる施術となっているので、爪に加わる圧力を分散させることができますし、剥離することなく安全に変形した爪の形を整えられるのです。

 

それに、ワイヤーによる矯正では、ある程度の長さまで爪を伸ばさなければなりませんが、ペディグラスでは痛みによって爪を伸ばせないという方でも気軽に利用できます。

 

このように、ペディグラスを使った陥入爪ケアには、多くのメリットがあるということがお分かり頂けたでしょう。

 

治療の際に必要な料金は、ネイルサロンによって異なるのですが、基本的には「巻き爪度数表」によって計測され、陥入爪の症状の強さによってかかる費用が異なります。

 

これはとあるネイルサロンで取り入れられているペディグラスの料金ですが、症状が軽度と判断された場合は5,250円、中度の場合は6,300円〜7,350円、重度の場合は8,400円と設定されております。

 

その他、極端な爪の変形が引き起こされているという場合は、別途料金が必要なこともあるのですが、そこまで患者さんに負担がかからない費用で矯正できることは間違いありません。

 

とは言え、ペディグラスを取り入れているネイルサロンであればどこでも良いというわけではなく、丁寧なカウンセリングを行っているところがおすすめです。

 

多くのネイルサロンなどでは、無料カウンセリングが取り入れられており、アフターケアの方法などを詳しく説明してくれるようなところで施術を受けることにより、大きな効果を手に入れられます。

 

ただし、陥入爪によって皮膚の炎症や化膿が著しく進行しており、感染症といった皮膚疾患が見られる場合は専門的な医療機関で施術を受けなければならないということを、頭に入れておいてください。

 

 

「陥入爪を治す方法」についてのページ