切り方で陥入爪を治す

 

 

切り方で陥入爪を治そう

陥入爪を予防できる大きな方法として、爪の切り方が挙げられます。

 

多くの方は自分の爪を切る際に形や長さを気にせずに、何となくカットしていると思われますが、実は間違ったカットを続けることでだんだんと陥入爪になりやすくなるのです。

 

間違った切り方として深爪が挙げられ、爪の端をしっかりと切ろうとして無理に爪切りを指に押し当ててカットしている方がいらっしゃいますが、深爪状態になると圧迫されていた肉があらわになって盛り上がります。

 

その部分に成長した爪がぶつかるのですが、障害物によって行き場がなくなるため、曲がって生えてしまうという仕組みです。

 

このように、深爪は陥入爪の大きな原因であると説明できるので、白い部分を全て切り落としたり、角を斜めに切り落としてはいけません。

 

正しい爪の切り方としては、角を切り落とさないスクエアオフと呼ばれる方法が非常に適しており、爪を真一文字にカットすることに加え、白い部分を1〜1,5mm程度残すように心掛けることで、少しでも陥入爪の予防となります。

 

このような切り方で治すことは十分に可能ですが、既に陥入爪が引き起こされているという方は爪が食い込んで伸ばせないという症状に陥るかもしれないので、当サイトでご紹介している巻き爪ブロックの使用がおすすめです。

 

特殊なバネが爪を上に持ち上げてくれるので、皮膚に食い込む症状を改善し、痛みを和らげてくれます。

 

病院での治療と比べて遥かに安い価格で矯正できるので、施肥試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、爪の白い部分を切り落とさないと心得ていたとしても、思わぬ拍子でカットしてしまうことがあります。

 

そこで、このような不慮な事態を防ぐためにも、一般的な爪切りではなくニッパー型の爪切りや爪やすりがおすすめです。

 

ニッパー型の爪切りは力が入りやすいので非常に使いやすく、変形が引き起こされている爪でも楽にカットできます。

 

ニッパー型の爪切りの中でも、特に「巻き爪用」という表示があれば、尚良いでしょう。

 

また、白い部分をカットしすぎないように、ある程度の長さを残してから爪やすりを使って少しずつ削れば、切りすぎてしまうことはないと思われます。

 

爪やすりの使用が面倒だと感じる方はいらっしゃいますが、陥入爪が引き起こされないように切り方を工夫することは大切なので、丁寧なケアを心掛けなければならないのです。

 

まずは、毎日の爪の切り方を見直すことから始めてみてください。

 

 

「陥入爪を治す方法」についてのページ