陥入爪を自分で治す

 

 

陥入爪を自分で治すには?

「陥入爪を自分で治すには、どのような方法を行えば良いの?」という疑問を抱いている方は、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

確かに、病院に行く時間がないという方はおりますし、自宅でケアできるに越したことはありません。

 

そこで、ここでは陥入爪を自分で治す方法について詳しくご紹介しております。

 

どの方法も100%治ると言い切れるわけではありませんし、炎症や化膿が引き起こされているのであれば、病院で診察を受けるのがベストなのですが、一度試す価値は十分にあるので、気に入った方法を自宅で取り入れてみてください。

巻き爪ブロックを使って自分で治す

陥入爪の治療を自宅で行いたいと思っている方には、数々のサイトのランキングで1位に位置している巻き爪ブロックを使って自分で治すことをおすすめします。

 

これは矯正グッズであるバネを爪につけることで上へと落ち上げ、陥入爪によって生じている痛みを緩和させるとともに、変形も改善できるという優れものです。

 

痛みなく爪が自然と平らに戻ることをコンセプトとしており、かなり症状が重い方でも利用できるというメリットがあります。

 

バネの力が持続する期間の間、一つの器具で矯正を行えますし、お一つ3,000円と格安で販売されているので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

竿中とおる君を使って自分で治す

自宅で陥入爪を治せる器具の一つとして、竿中とおる君というものが販売されております。

 

この製品はワイヤーの一種で、病院で施術を受けなくても自宅でワイヤーを爪に装着することにより、陥入爪を矯正できるのです。

 

ただし、この器具を直接陥入爪が引き起こされている爪に装着すると、先端部分が皮膚と接触して痛みが生じる可能性が高いので、まずは工具を利用して爪の先端部分に穴をあけ、そこに竿中とおる君を通すようにしましょう。

 

自分で爪に穴をあけるのが怖いという方は、病院でワイヤー矯正をしてもらった方が良いかもしれません。

クエン酸を使って自分で治す

陥入爪によって爪が皮膚に食い込んでいると、その傷口から細菌が入り込んで炎症を引き起こし、肉芽が形成されることがあります。

 

この肉芽は、ドラッグストアなどで販売されているマキロンで消毒をし、その上からクエン酸をかけることによって改善できるのです。

 

クエン酸をかけることにより、膿などを治すリンパ液が出るので効果の高い方法なのですが、自分で治そうとすると症状が悪化する可能性があるので、万が一を考えるのであれば病院を訪れた方が良いでしょう。

 

 

「陥入爪を治す方法」についてのページ