脱脂綿で陥入爪を治す

 

 

脱脂綿で陥入爪を治そう

既に陥入爪が引き起こされているという方は、スポーツといった激しい運動を行った時だけではなく、普通に歩くだけでも痛みが生じてしまいます。

 

その痛みをカバーするために変な歩き方をしている方が多く、膝や腰に大きな負担がかかってしまうので、脱脂綿を使って陥入爪を治す方法がおすすめです。

 

脱脂綿を使用した方法は、治すというよりも痛みを和らげるための応急処置であると説明した方が良いかもしれませんが、お風呂上りなど爪が柔らかくなっている状態で、脱脂綿を米粒程度の大きさに丸め、それをピンセットで爪の角と皮膚の間に詰め込みます。

 

そうすると、爪と皮膚の間に隙間ができ、爪が皮膚に食い込むという現象を改善し、痛みから解放されるのです。

 

これは、コットンパッキングと呼ばれている方法で、専門家の中でもこの方法を推奨している方は多いので、自宅で気軽にできる手段として優れていると言えるでしょう。

 

陥入爪の治療で大事なのは爪を伸ばすことなのですが、痛みによって思うように伸ばせないという方は多いので、そのような症状の方に脱脂綿を使った方法が適しております。

 

しかし、コットンパッキングは痛みを和らげられるだけの処置であり、完全に陥入爪を治すという方法ではないので、同時に陥入爪の矯正が必要不可欠です。

 

そこで、病院に行く時間がなくて困っているという方には、巻き爪ブロックが適しております。

 

巻き爪ブロックも自宅でケアできる方法の一つで、バネを爪につけるだけの簡単な方法で陥入爪を少しずつ解消できるので試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、自宅で気軽に陥入爪の痛みを和らげられるということで、コットンパッキングは非常に優れており、初期の症状であれば、この方法で改善できるかもしれません。

 

ただし、爪の間に詰め込む脱脂綿の量が多過ぎると、爪が割れることがありますし、逆に痛みが助長されることもあるので、適度な量を把握する必要があります。

 

個人によって適した量に違いが生じているので、何回かコットンパッキングを試して、少しずつ調整していくのが良いでしょう。

 

とは言え、既に爪が皮膚に食い込んで炎症や化膿を引き起こしている場合、脱脂綿によるクッションではどうにもできない可能性が高いので、自分の判断で治そうとするのではなく、早めに皮膚科といった病院に行くべきです。

 

病院では手術や矯正などありとあらゆる方法があり、親切な病院であればあなたに合った方法をご紹介してくれると思います。

 

 

「陥入爪を治す方法」についてのページ