クリップで陥入爪を治す

 

 

クリップで陥入爪を治そう

市販で販売されており、病院でも推奨されている巻き爪用クリップは、自宅で陥入爪を治す方法として非常に優れております。

 

外科的な処置が一切必要なく、自宅で気軽に装着できるというだけではなく、装着早期から大きな効果を発揮し、爪の変形が高度な方にも対応しているのです。

 

実際に、巻き爪用クリップを使用した方の多くが、1週間以内に何らかの効果を得ており、陥入爪によって引き起こされている痛みを軽減できております。

 

もちろん、爪甲の厚さや硬さによって得られる効果が異なることは言うまでもありませんが、専門医の方も推奨している方法なので、利用する価値は大いにあるでしょう。

 

巻き爪用クリップの装着方法は非常に簡単で、クリップのフックを爪に差し込みます。

 

この作業だけでクリップが爪の中央部分を支点として甲全体を上へと持ち上げ、皮膚の肉に食い込むという症状を改善してくれるというわけです。

 

「動いている最中にクリップが取れてしまうのでは?」という不安を抱える方がいらっしゃるかもしれませんが、脱落防止のためのテープを爪の上から貼るので特に心配はありません。

 

見た目のイメージは少々悪くなりますが、そこまで目立つものではないので、サンダルなどを履いても問題はないはずです。

 

クリップを装着している間は効果が持続し、一度使用をやめて、また陥入爪が引き起こされてきたとしても、再度巻き爪用クリップをつければ症状を和らげられます。

 

完治させられるまでの時間は人によって異なるので、一概に説明できませんが、少しずつ症状が緩和されていくことは間違いないので、爪の変形が治るまで根気良く使っていくべきです。

 

このグッズで矯正している期間中は、特に生活の制限はないので、入浴やスポーツなど普段と同じように過ごせるので安心してください。

 

ただし、爪が薄いという方や弱いという方は、クリップを装着した際に割れてしまう可能性があります。

 

無理して装着しようとするとこのような弊害が引き起こされてしまうので、慎重に対処していかなければなりません。

 

また、爪が極端に短いという方はクリップをはめることができないので、ある程度爪を伸ばす必要があります。

 

爪を伸ばす際に痛みを感じるという方は、爪を伸ばさなくても使える巻き爪ブロックがおすすめです。

 

巻き爪ブロックは、巻き爪リフトシールとは異なり、爪を伸ばさなくてもバネを装着するだけなので、どんな爪の形にも対応している素晴らしい製品であると説明できます。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

 

 

「陥入爪を治す方法」についてのページ