歩き方で陥入爪を治す

 

 

歩き方で陥入爪を治そう

これは陥入爪を治すというよりも、陥入爪が引き起こされないようにしたり、悪化したりしないようにする予防だと言えるかもしれませんが、実は陥入爪は普段の歩き方が間違っていることで引き起こされる可能性があります。

 

「歩き方なんて気にしたことがない」という方が多く、毎日足を使って移動するものなので、注意している方がいないというのは仕方がありません。

 

しかし、自分に合わない靴を履いて足の親指に不自然な力が加わるような歩き方を長期的に渡って続けていると、爪に大きな負担がかかってだんだんと陥入爪が引き起こされていきます。

 

急になるというわけではありませんが、毎日良くない習慣が仇となって親指の爪に悪影響が起こるというわけです。

 

それに、既に陥入爪が引き起こされているという方は、親指の痛みをカバーするような歩き方をしている傾向にあり、間違った歩き方を続けていると、膝痛や腰痛といったように、その他の部位にも大きな負担がかかって悪影響が生じてしまいます。

 

正しい歩き方をすれば簡単に陥入爪が治せるというわけではありませんが、現在引き起こされている症状を少しでも抑えるためにも、正しい歩き方を身に付けるのは重要です。

 

とは言え、これだけで既に引き起こされている症状を改善するというのは非常に困難なので、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックの使用をおすすめします。

 

巻き爪ブロックであれば、自宅で簡単に矯正ができるので、大きな負担となることはないでしょう。

 

この矯正グッズで少しずつ爪の形を変えていけば、だんだんと痛みが治まることは間違いないので、一度試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、正しい歩きかがどのような方法なのか分からないという方はいらっしゃると思いますが、まずは身体が沿ったり猫背になったりせず、真っ直ぐと姿勢の状態で立ちます。

 

その状態から歩く際はかかとから着地し、指で地面を蹴るように歩くとスムーズに体重移動ができるため、爪の巻き込みを改善できるのです。

 

特に、つま先から着地しているような歩き方が癖になっている方は、爪に大きな負担がかかって陥入爪が引き起こされる傾向にあるので、十分に注意しなければならないと言えるでしょう。

 

また、指先を圧迫させないために、靴の中にインソールと呼ばれる中敷を入れるのも非常に効果的です。

 

一般的な中敷で構わないのですが、指を圧迫している構造を防げるので、多少は間違った歩き方をしていたとしても、大きな負担がかかりません。

 

オーダーメイドで、自分だけのインソールを作ってみてください。

 

 

「陥入爪を治す方法」についてのページ