陥入爪を治す方法

 

 

陥入爪を治す方法について

ここでは、陥入爪を治す方法について詳しく説明していきたいと思います。

 

どのような方法が適しているのか、色々と試してみなければ分かりませんが、このページで紹介されている方法を参考にしてみてください。

巻き爪ブロックを使用しよう

皮膚科といった病院で治療を行うと、保険が適用されない施術もあるため、予想外の費用がかかってしまうことが少なくありません。

 

そこで、格安の費用で利用できる治し方として、巻き爪ブロックが挙げられます。

 

この矯正グッズは自宅で治せるというだけではなく、僅か10分で効果が表れるほど優れたものなのです。

 

痛みを和らげるとともに、少しずつ自分の爪の形を変えられるので、陥入爪を治すために試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

ブレイスクイック矯正方法を利用しよう

病院で行われている治し方の一つとして、ブレイスクイック矯正方法が挙げられます。

 

これはドイツで生まれた矯正方法で、5mm程度のプラスティックを爪の表面に医療用の接着剤で貼り付け、張力を利用して陥入爪を治していくのです。

 

ブレイスクイック矯正方法は効果が短いというデメリットがあるので、定期的に通院をしなければなりません。

 

とは言え、メスを使用しない施術となっているので、気軽に受けられることは間違いないと思われます。

フェノール法を利用しよう

病院で行われている手術の一つとして、フェノール法という施術があり、爪の根元を薬品の力で変性させることにより、爪を生えさせないようにできます。

 

爪が生えてこなくなることで、皮膚に食い込むという症状を改善できるので、痛みを和らげられるという仕組みです。

 

フェノール法は保険診療となっておりますが、局所麻酔を使用する陥入爪の治し方となっているので、多少の痛みを感じることがあるかもしれません。

VHO式矯正法を利用しよう

VHO式矯正法も病院で一般的に行われている治し方で、曲げても元通りに戻るワイヤーの力を利用し、陥入爪を矯正していきます。

 

この方法は保険が適用されない施術となっているので、全ての費用を自費で支払わなければなりませんが、手術をせずに陥入爪の治療が可能ということで多くの方から愛されているのです。

 

病院で初回にワイヤーをかけてから、2〜3ヵ月後にかけ直しが必要となり、症状によって異なりますが、平均して3回程度のかけ直しを行うことになります。

 

それでも莫大な費用がかかるというわけではなく、3万円〜5万円程度で施術を受けられるでしょう。

 

 

「陥入爪を治す方法」についてのページ