陥入爪とステロイド

 

 

陥入爪とステロイドについて

ステロイドはアトピー性皮膚炎といったありとあらゆる皮膚疾患を治す薬として使用されており、爪が皮膚に食い込んで炎症を引き起こす陥入爪の治療にも使われております。

 

変形した爪の形を治せるというわけではありませんが、傷つけられた傷口が悪化して化膿している状態を改善するために、ステロイド外用剤が病院で処方されることがあるのです。

 

「ステロイドは非常に効き目の強い薬」「ステロイドは身体に悪い」といったように色々な意見がありますが、実は私たちの体内では副腎皮質という臓器から毎日ステロイドホルモンが作られております。

 

このホルモンは炎症を抑制し、身体の免疫のバランスを保つような働きがあり、私たちが快適に生活するために必要不可欠なホルモンなのです。

 

このステロイドを人工的に作ったものがステロイド外用剤で、このような商品名があるというわけではなく、塗り薬や内服薬、点眼薬といったように色々な種類があります。

 

他の項目で説明したリンデロンやプレドニンもステロイド外用剤の一種であり、個人の症状に合わせて医師が処方する薬を決めるのです。

 

陥入爪の治療の場合、爪が皮膚に食い込むことで炎症細胞である肉芽が形成される可能性があるのですが、ステロイドを塗ることで縮小効果が期待できるので、医師から処方されることがあります。

 

強力な薬は医師の処方箋がなければ服用することができず、陥入爪でそこまで強いステロイド外用剤が処方されることはほとんどないので、副作用はほとんど気にしなくても大丈夫でしょう。

 

とは言え、どんなに弱い効力の薬であったとしても、使用方法を一歩間違えると大きな副作用で悩まされることがあります。

 

特にステロイド外用剤は副作用が多い薬であり、感染症や糖尿病、高血圧や精神異常といったように、色々な症状が引き起こされる可能性があるのです。

 

もちろん、ステロイド剤に限らず、何らかの病気を治すために使われる薬には副作用が引き起こされるものなのですが、症状が改善されていけば少量の服用で済むようになります。

 

ただし、ステロイド剤を服用するに当たって最も懸念されるべきことは、副作用を怖がって自分の判断で服用の量を減らしてしまうことです。

 

量を増やすだけではなく、勝手に止めてしまうことで副作用が引き起こされる可能性も十分にあるということを、頭に入れておきましょう。

 

また、ステロイド剤で直接陥入爪を治せるわけではないので、炎症が治まった後のケアについては、専門医の方に伺ってみてください。

 

 

「陥入爪に効く薬」についてのページ