陥入爪とバラマイシン

 

 

陥入爪とバラマイシンについて

バラマイシンとは塗り薬の一つで、皮膚科で陥入爪の治療を受けている際に処方されることがある化膿性皮膚疾患用剤です。

 

バラマイシンの中には2つの抗生物質が含まれており、細菌の繁殖を抑えて殺菌する効果が期待できます。

 

陥入爪を直接治せるような薬ではありませんが、陥入爪になると爪が皮膚に食い込み、指が傷つけられて炎症や化膿を引き起こすことがあるのですが、バラマイシンによってその症状を抑えられるというわけです。

 

陥入爪が引き起こされていなければ皮膚が炎症を起こすことはありませんが、既に異常が生じているのであれば陥入爪の治療を行うよりも前に、炎症を抑えなければなりません。

 

そのために使用する薬としてバラマイシンなどが挙げられますが、アレルギーを持っているという方や妊婦の方は、あらかじめ医師に伝える必要があります。

 

そこまで大きな副作用が生じるような薬ではありませんが、バラマイシンに限った話ではなく、一般的に医薬品にはベネフィットだけではなくリスクが生じるものなので、用法と用量に注意して使っていかなければならないのです。

 

あらかじめ専門医から詳しく説明があると思われますが、1日に1回〜数回程度患部に塗るか、ガーゼなどを使用して伸ばしていきます。

 

個人の症状によって一度に使う用量が増減するので、自分の判断で決めるのではなく、医師に詳しい使い方について尋ねてみましょう。

 

また、陥入爪をバラマイシンで治せるというわけではないので、炎症が落ち着いたら当サイトで紹介している巻き爪ブロックを使って、ケアを行うのがおすすめです。

 

炎症が引き起こされているのであれば、まずはその症状を抑える必要がありますが、その後には矯正グッズを使用して変形した爪を正常な形に戻す必要があります。

 

巻き爪ブロックは、ただバネをつけるだけの簡単な手順なので、一度試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、バラマイシンの副作用としては、呼吸困難やかゆみ、吐き気といった症状が挙げられます。

 

皮膚科で処方される薬の中でも重大な副作用がない薬となっておりますが、それでも間違った使い方をすることで異常が引き起こされることは間違いありません。

 

医師に指示された正しい使い方を実行していれば、薬の効果を最大限に引き出せることは間違いないので、きちんと説明を聞くようにしましょう。

 

もし、バラマイシンを使い始めて何らかの違和感を感じたのであれば、直ぐに医師の診察を受けるべきです。

 

 

「陥入爪に効く薬」についてのページ