陥入爪の初期はどのような症状なの?

 

 

陥入爪の初期はどのような症状なの?

陥入爪の初期症状は巻き爪と呼ばれており、足の親指の爪が変形し始めた状態を指します。

 

「巻き爪になる」⇒「爪の端が付け根に刺さる」⇒「日常生活の中で刺激を受ける」⇒「炎症や化膿が進んで陥入爪になる」⇒「歩けないほどの痛みで悩まされる」という流れです。

 

そのため、巻き爪の初期状態で正しい処置を行っていれば、陥入爪へと症状が進行することは絶対にないでしょう。

 

男性にしても女性にしても、「ただ爪が巻いているだけだから放置していても大丈夫」と勝手な判断をしてしまうからこそ、陥入爪へと変化して取り返しのつかない事態に陥ります。

 

もちろん、陥入爪へと変化しても初期ならば大きな手術を受けることなく治せますが、巻き爪の状態で対処する方が圧倒的に楽なのです。

 

巻き爪を放置していると、時間の経過によって確実に陥入爪へと発展しますし、爪も皮膚もダメージを受けている状態となります。

 

最終的には外科手術しか選択肢がなくなるケースも少なくないため、初期症状の段階で対策を練らなければならないのはお分かり頂けるはずです。

 

そこで、「どのような対策を練れば良いのか分からない」「病院へと通っている時間はない」という方には、当サイトでご紹介している巻き爪ブロックをおすすめします。

 

症状が悪化した陥入爪にはあまり効き目がないものの、親指の爪が曲がった程度の症状ならばバネの力で上へと持ち上げて少しずつ矯正してくれるのです。

 

通販でお手頃な価格で購入できるグッズなので、巻き爪ブロックの公式サイトでどのような製品なのか確かめてみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、どのような状態が巻き爪の初期症状なのか気になる方は多いはずです。

 

はっきりと定義が決まっているわけではないので一概には説明できないものの、「親指の辺りが痛い」「爪の巻きが気になる」という状態を判断の目安にするのが良いかもしれません。

 

そして、「軽度」⇒「中度」⇒「重度」⇒「陥入爪」と変化していき、症状が進行すればするほど治りにくくなります。

 

初期症状ならば病院へと通ってワイヤーやプレートを使った矯正を行わなくても、上記でご紹介したグッズを使って自宅での対処が可能です。

 

後々に陥入爪へと進行して激しい痛みに悩まされないためにも、早めに適切な処置を面倒くさがらずに行った方が良いことがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

また、巻き爪にならないように予防するのも非常に大事で、「深爪をしない」「窮屈な靴を履かない」「つま先から着地するような歩き方を避ける」という点に気を配ってみてください。

 

 

「陥入爪に関する疑問」についてのページ