陥入爪でどのようなリスクが引き起こされるの?

 

 

陥入爪でどのようなリスクが引き起こされるの?

陥入爪を発症したり放置したりすることで、どのようなリスクが引き起こされるのか疑問を抱えている方は多いはずです。

 

現在では年齢や性別に関わらず、巻き爪や陥入爪といった症状で悩まされている方が増えてきたので、少なからず知識を持っているかもしれません。

 

人々の間に知れ渡っている言葉ですし、巻き爪や陥入爪を治すためのグッズは量販店や通販で数多く販売されております。

 

そこで、以下では陥入爪の放置によって引き起こされるリスクを幾つか挙げてみました。

 

 

・そのまま成長して皮膚を傷付ければ雑菌が入り込んで感染症のリスクが高くなる

・深爪を放置していると変形のリスクが高くなって陥入爪の症状が悪化する

・爪の角が皮膚を圧迫する形となるので歩く度に痛みを感じるようになる

・一時的に改善して痛みがなくなっても再発するリスクが高くなる

 

 

上記のように、様々なリスクの可能性があり、日常生活にも支障が出やすいことがお分かり頂けるはずです。

 

仕事をするにしてもプライベートで遊ぶにしても自分の足で歩かなければならず、その度に痛みが生じていてはストレスが溜まります。

 

近年では電車やバスなどの交通機関が発達して、仕事でも車を使用する方が増え、自分の足で長時間に渡って歩くことは少なくなりました。

 

それでも、陥入爪の放置によって支障が生じるのは紛れもない事実なので、自分の親指の爪に異常を感じた段階で何かしらの対策を行わなければなりません。

 

巻き爪のケアとして適しているのが当サイトでご紹介している巻き爪ブロックで、バネの力によって爪の変形を抑えてくれます。

 

「巻き爪」⇒「陥入爪」という流れを予防できる画期的なアイテムなので、是非一度使用してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪や陥入爪に関しては年齢や性別に関係なく引き起こされることが多く、誰でも発症する可能性があります。

 

「巻き爪」という病名ではありませんが、皮膚へと食い込めば陥入爪へと発展し、炎症や化膿といった症状に繋がりやすいのです。

 

痛みが出れば歩くのも困難な状態になりますし、患部が膿を持って骨にまで影響を及ぼせば切断にも繋がるかもしれません。

 

一概には説明できないものの、「パンプスやヒールを履く女性」「生まれつき爪が柔らかい」「両親ともに巻き爪」「足に負担をかけるスポーツをしている」という人は、陥入爪を発症するリスクが高くなります。

 

「気付いたら爪が巻いていて皮膚を圧迫していた」というケースも十分に考えられるため、自分の親指の爪を良くチェックしておいた方が良いでしょう。

 

自力の対策では改善が難しいこともあるため、症状の悪化を防ぐためにも病院を受診してみてください。

 

 

「陥入爪に関する疑問」についてのページ