陥入爪は遺伝するの?

 

 

陥入爪は遺伝するの?

「陥入爪は遺伝するの?」という疑問は、多くの方が感じているはずです。

 

一般的に、自分に合わない靴を履き続けていたり、爪の切り方が間違っていたりと、後天的な原因によって陥入爪が引き起こされる確率が高いのですが、遺伝による影響が全くないと言い切ることはできません。

 

親子で目鼻立ちが似るように、親指の形や爪の形が親に似て、陥入爪が引き起こされやすくなるという方はいらっしゃいます。

 

生まれつき陥入爪で悩まされているという方はほとんどいらっしゃらないのですが、遺伝によって薄い爪やもともと変形が引き起こされている爪を受け継ぎ、幼少から悩まされる方は少なくないのです。

 

実際に、親子でネイルサロンなどで陥入爪のケアを行っているという方は少なくないので、遺伝による影響が少なからずあるということはお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

100%陥入爪になりやすい体質を受け継ぐというわけではありませんが、両親ともに陥入爪や巻き爪で悩まされているという方の間に生まれた子供は、かなりの確率で陥入爪になりやすいと言えます。

 

初期段階は痛みや腫れが引き起こされないもので、自分の爪に異常が来たされているのか分からない場合があるので、不安な方はご両親に聞いてみるべきです。

 

とは言え、遺伝による影響はごく僅かなもので、多くは毎日の生活の中に何かしらの原因が隠れております。

 

そのため、その原因を取り除いて正しい処置を施すのが大事なので、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックがおすすめです。

 

皮膚に食い込んでいる爪をバネの力によって上へと押し上げ、痛みから解放してくれる素晴らしい矯正グッズなので、是非一度使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、陥入爪が遺伝するということでショックを受けてしまう方がいらっしゃるかもしれませんが、先天的な原因よりも後天的な原因の方が強いというのは事実です。

 

靴をデザインだけで選び、窮屈な製品やヒールの高い靴を履いているという方がいらっしゃいますが、このように指に大きな負担がかかるような状態で長時間の歩行をしていると、だんだんと爪の形が変形していきます。

 

また、深爪をすると体重が下にかかることで肉の部分が盛り上がり、皮膚に食い込むといった症状が引き起こされてしまうのです。

 

このような原因が強い症状であると説明できるので、なるべく自分のサイズに合った靴を履いたり、爪の切り方に気をつけるというケアが大切だと言えるでしょう。

 

 

「陥入爪に関する疑問」についてのページ