陥入爪で激痛が走ることはあるの?

 

 

陥入爪で激痛が走ることはあるの?

「陥入爪で激痛が走ることはあるの?」という質問をされる方がいらっしゃいますが、これは長い間処置を行わずに放置した場合に引き起こされることがあります。

 

陥入爪に限った話ではありませんが、どんな病気にしても何も対策をとらなければ症状は悪化する一方で、その影響で身体の至る部分に激痛が走ることがあるのです。

 

初期の段階では、陥入爪はそこまで懸念される症状ではなく、爪が皮膚に食い込んで痛みだけが引き起こされている状態なので、爪の形を矯正すれば十分に改善できます。

 

しかし、爪によって傷つけられた皮膚から細菌が侵入して感染すると、炎症や化膿が引き起こされて激痛が走るようになるのです。

 

ただ歩く度に激痛が走るというだけではなく、症状が酷い方は立っていたり座っているだけでも、激痛を感じるようになります。

 

ここまで症状が進行すると自宅でのケアや病院での矯正だけで改善するのは難しく、専門的な手術をしないと治らないかもしれません。

 

「病院に行くのが嫌だ」ということで、激痛が走るような状態になっても自宅でマキロンなどを使って応急処置を施している方がいらっしゃいますが、治りにくくなることは間違いないので、直ぐに病院に行くべきです。

 

陥入爪は、日本人の10人に1人が悩まされていると言われており、炎症が引き起こされているのにも関わらず何も対処しなければ激痛が走るのは当たり前なので、自分の爪のケアを怠らないようにしましょう。

 

激痛が引き起こされている状態では使用してもあまり意味がありませんが、そのような状態になる前にこのサイトでご紹介している巻き爪ブロックの使用が最適です。

 

通販で安い価格で購入できる製品で、陥入爪の症状を時間をかけて和らげられるので是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、激痛が全身を走っているような状態であれば、自分の親指の爪に何かしらの異常があると気が付くかもしれませんが、初期段階では自覚症状がない場合があるので気が付かないという可能性は十分にあります。

 

しかし、この段階で対処すれば、陥入爪はそこまで恐れるような症状ではないのです。

 

そこで、「深爪をしている傾向にある」「爪水虫にかかっている」「窮屈な靴を履くことが多い」「長時間歩くことが多い」という方は、陥入爪になりやすい傾向があるので、十分に気をつける必要があります。

 

陥入爪かどうかチェックして、早めに自宅や病院で対処をするように心掛けましょう。

 

 

「陥入爪に関する疑問」についてのページ