陥入爪が壊死することはあるの?

 

 

陥入爪が壊死することはあるの?

「陥入爪が壊死することはあるの?」という疑問を抱える方は、意外と多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

壊死とは生物の組織が死ぬことを指し、通常の死とは違って身体の一部分を構成しているところだけが死滅するような状態を指します。

 

陥入爪によって指が壊死したというケースは非常に少なくなっておりますが、可能性がゼロだと言い切ることができないのです。

 

基本的に早めに対処していれば陥入爪は完治させることができますし、たとえ炎症や化膿が引き起こされていたとしても、病院で手術や薬などを使って適切な治療を受ければ症状を抑えられます。

 

そのため、指が壊死するというのは、相当長い期間陥入爪を放置して、症状が悪化した場合に限るのです。

 

症状が進行すると治療が難しくなるだけではなく、完治までに長い期間がかかると想定できるので、何らかの対処をしっかりと行っていく必要があります。

 

このような処置を施していれば、指が壊死して切断しなければならなくなるという事態を防げるはずです。

 

そこで、爪の変形が激しくなって痛みが加速される前に、このサイトで紹介している巻き爪ブロックでケアを行うことをおすすめします。

 

巻き爪ブロックは自宅で補正具を爪の表面に取り付け、その上から専用のテープを貼り付けることで、少しずつ爪の形を矯正できるのです。

 

病院へと通院するのが難しいという方は、このグッズを使って完治できるように努力してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、糖尿病を患っているという方は、合併症の一つとして糖尿病性壊疽(とうにょうびょうせいえそ)と呼ばれる病気が引き起こされることがあります。

 

これは、足の傷などから細菌が感染し、炎症や化膿を引き起こして皮下組織の細胞が死んで壊死する症状を指すのです。

 

そのため、陥入爪によって傷つけられた小さな傷口でも、そこから足が壊死する可能性も十分にあるため、日頃のフットケアを欠かさずに行っていかなければなりません。

 

もちろん、バランスの取れた食生活を心掛けたり、定期的に行える運動をして糖尿病を治療するということも大事です。

 

また、年齢を重ねれば重ねるほど体力が落ち、細菌が身体に進入しやすいという傾向にあるので、その結果壊死してしまうことがあります。

 

高齢者に限った話ではないので、若い方もきちんとケアをしていかなければならないのですが、陥入爪を放置しても何一つ良いことはないので絶対に避けてください。

 

 

「陥入爪に関する疑問」についてのページ