陥入爪が炎症を起こしたら?

 

 

陥入爪が炎症を起こしたら?

親指の爪が皮膚に食い込んで炎症を引き起こしているという方は、この時期の対処方法に十分に注意する必要があります。

 

この時期にきちんとした対処を打てば炎症を食い止めることができるのですが、自分勝手な判断で間違ったケアを行ったり、何も対策を打たないと完治までに長い時間がかかってしまうのです。

 

基本的に炎症を引き起こしているような状態で、自宅でケアをするのは危険なので、まずは皮膚科などで診察してもらう必要があります。

 

もし、陥入爪によって既に強い炎症が引き起こされているのであれば、フェノール法と呼ばれる手術が行われることがあり、この方法は食い込んでいる爪を必要最小限度で切り抜き、薬品を綿棒でしみ込ませることにより、トラブルの元になっている部分の爪を生えなくできるのです。

 

フェノール法を行えば、爪が皮膚に食い込むという症状を改善できるので、陥入爪自体の対処としても非常に優れております。

 

どんなに酷い炎症が引き起こされていたとしても、短い手術時間で直ぐに対処できるとともに、術後歩いて帰ることも可能です。

 

ただし、フェノール法は麻酔を使って行われる手術であり、人によっては術後に大きな痛みが引き起こされるかもしれません。

 

とは言え、以前行われていたメスを使った手術よりかは痛みはないので、そこまで大きな心配をする必要はないと思われます。

 

このように、強い炎症が起こっているのであれば早めに病院での診察を受けることが大事ですが、軽い炎症であればこのサイトでご紹介している巻き爪ブロックで治せるはずです。

 

爪を上へと持ち上げることにより、陥入爪によって生じていた痛みを和らげられる矯正グッズなので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、陥入爪によって炎症を起こした場合、手術以外の方法ですと、薬を使用して和らげる手段がとられることがあります。

 

もちろん、自分の判断で市販の薬を服用するのは非常に危険なのですが、皮膚科を受診すると専門医の方針によって抗生物質や消炎鎮痛剤が処方されることがあるのです。

 

抗生物質には軟膏や飲み薬といったように色々な種類があり、細菌の活動を徹底的に抑制する効果が期待できるので、陥入爪によって生じた炎症を緩和できます。

 

消炎鎮痛剤も同じような効果が期待でき、医師の指示に従って服用することで、症状を和らげられることは間違いありません。

 

ただし、どちらの薬にも副作用が存在するので、用法と用量をきちんと守って服用するようにしてください。

 

 

「陥入爪に関する疑問」についてのページ