陥入爪と運動

 

 

陥入爪と運動について

陥入爪の大きな原因の一つとして、激しい運動が挙げられます。

 

運動が決して悪いというわけではありませんが、激しい運動を行うことによって爪に大きな負担がかかり、だんだんと爪の形が変形して陥入爪が引き起こされてしまうという仕組みです。

 

特に、サッカーやスノーボードといった足の指に大きな負担がかかる運動を行っているという方は、陥入爪が引き起こされやすいという特徴があるので、できる限りフットケアを念入りに行わなければなりません。

 

自分の足のサイズに合わない靴を使用してスポーツなどをしていると、陥入爪で悩まされる確率は高まるので、これを未然に防ぐためにも慎重に靴を選ぶ必要があります。

 

靴選びといっても難しいというわけではなく、長さと幅を合わせるというポイントを把握していれば問題はないでしょう。

 

その目安として、片足で立ち、親指が当たるような靴はあなたには適していないと説明できます。

 

長さが足りないような靴を長期的に履いていると、どんどん陥入爪で悩まされるようになるので、つま先に1cm程度の余裕がある靴がベストです。

 

また、陥入爪の治療を病院で行っているという方は、治るまでは激しい運動を避けた方が良いと思われます。

 

全く動いてはいけないというわけではありませんが、安静こそが一番の薬なので、完全に陥入爪が治るまでは激しい運動を行わないように注意するべきです。

 

陥入爪を治すには病院に通わなければならないと思っている方がいらっしゃいますが、現在では自宅で改善できる矯正グッズが販売されております。

 

このサイトで紹介している巻き爪ブロックもその一つで、バネを爪に装着するだけと初めての方でも気軽に利用できるので、一度試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、激しい運動が陥入爪の原因となるのは間違いありませんが、だからと言って運動を全くしないような生活が良いかと言われるとそうではありません。

 

運動をして身体を動かすことによって、最大で20歳の体力差があると言われております。

 

つまり、運動をすることで若返り効果が期待できるので、自分のペースに適した運動を定期的に行うのが良いのです。

 

また、運動をすることによって自律神経の一つである交感神経が刺激され、心拍数が上昇して興奮状態となり、ポジティブな思考になると科学的に証明されております。

 

何も激しい運動をしなければならないというわけではなく、ウォーキングといった自分に合わせた運動でも効果は期待できるので、できる限り長く継続させてみましょう。

 

 

「陥入爪の原因」についてのページ