陥入爪と爪水虫

 

 

陥入爪と爪水虫について

普段の爪の切り方や自分に合わない靴が原因で引き起こされる陥入爪ですが、実は爪水虫も大きな原因の一つとなっております。

 

爪水虫とはその名の通り爪の中で繁殖する水虫菌のことを指し、初期段階では痛みやかゆみが引き起こされないものの、白く濁ったように変色する爪白癬(つめはくせん)により、だんだんと爪の形が変化していくのです。

 

爪水虫はカビの一種である白癬菌によって引き起こされる感染症の一つで、多くの場合はいきなり爪に感染するのではなく、一般的な水虫である足白癬に感染していることが多くなっております。

 

爪は固い皮膚なので、最初から菌が入り込む可能性は非常に低いのですが、爪には神経が宿っていないため自覚症状がないということに加えて、爪が何かしらの理由で傷ついていると、稀にそこから入り込むことがあるのです。

 

爪水虫にかかると、その菌によって剥離・変形した爪が伸びて皮膚の肉に食い込み、その影響で陥入爪が引き起こされます。

 

初期の段階では爪に白い筋ができたり、濁ったようになるのですが、症状が進行するにつれて茶色くなったり、黒くなったりして、爪がボロボロになるのです。

 

爪水虫が原因で陥入爪が引き起こされている場合、陥入爪の治療を始めるというよりも、まずは爪水虫を治していかなければなりません。

 

爪水虫の治療は、何よりも1日も早い処置が必要不可欠で、症状が悪化することによって、完治するまでに半年〜1年程度かかるという非常に怖い病気なのです。

 

一番の理想は皮膚科に行って薬を処方してもらい、同時に陥入爪の状態も診断してもらうことなのですが、病院に行く時間がないという方は、市販で販売されているラミシールという薬で水虫菌を退治できます。

 

病院で処方されることもあるのですが、ラミシールは殺菌力に優れた内服薬となっており、爪水虫の大きな原因である白癬菌を死滅させてくれるのです。

 

内服薬で治療を行うという場合、一般的に半年〜1年ほどかかると言われておりますが、症状が軽ければもっと早期に改善できることは間違いありません。

 

このようにラミシールは長い期間に渡って服用していかなければならないため、肝臓に大きな負担がかかるというデメリットがあります。

 

病院で薬を処方されたという場合、担当の医師から詳しく健康上のリスクについて説明があると思われますが、用法と用量をしっかりと守らなければならないのです。

 

そして、その後に陥入爪を治す治療も忘れずに行うようにしましょう。

 

 

「陥入爪の原因」についてのページ