陥入爪と爪切り

 

 

爪切りによるカットが原因の陥入爪

爪切りによるカットが原因の陥入爪

陥入爪をしっかりと予防するには、正しい爪切りの種類や爪の切り方を把握しておかなければならないということをご存知でしょうか。

 

爪を切る際にハサミを使用するという方はおらず、多くの方は爪切りを使っていると思われますが、爪のカーブに沿ってカットするのは間違いです。

 

このような切り方をしている方が多いのは事実ですが、角を丸めるのではなく、横に真っ直ぐと切るスクエアオフと呼ばれる切り方が陥入爪の予防に適しています。

 

スクエアオフという爪の切り方は、指先を美しく見せられるというメリットがあるので、女性の方に最適です。

 

自分の爪を切る際に、何も考えていないという方が多いかもしれませんが、切り方一つで陥入爪を予防できるかが決まるので、きちんと注意しなければなりません。

 

また、爪切りの種類も非常に大事で、一般的なものはカットする際に角度をつけにくく、厚みを帯びた親指の爪を切る際に力が伝わりにくいと感じるかもしれないので、陥入爪の方は巻き爪専用の爪切りを使用するべきです。

 

一番の理想はやすりを使って少しずつ削っていく方法なのですが、面倒だと感じる方はいらっしゃると思うので、そのような方は巻き爪専用の製品か、カーブのない真っ直ぐなニッパーが適しています。

 

ただし、やすりによる削りすぎによって、同じように陥入爪の原因となるので、ほどほどなお手入れをしていかなければならないのです。

 

基本的に陥入爪は、足の親指に引き起こされる傾向があるので、足の爪専用の爪切りを購入して予防するというのも良いでしょう。

 

とは言え、既に陥入爪が引き起こされているという方は、爪切りを変えることでの予防で症状を抑えられるというわけではないので、このサイトでおすすめしている巻き爪ブロックを使うべきです。

 

巻き爪ブロックであれば、重度の陥入爪でも少しずつ改善していくことができるので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

自分専用の爪切りを持とう

爪切りを家族で共有しているという方はいらっしゃるかもしれませんが、水虫などの感染病を予防するためにも、自分専用の爪切りを持つことをおすすめします。

 

実は水虫は見た目が悪くなったり、かゆみが引き起こされるだけではなく、陥入爪の大きな原因になり得るので、感染しないように注意する必要があるのです。

 

水虫の人が使った爪切りには、当然のように水虫の原因である白癬菌がついているので、そのまま使用することでうつる可能性は高くなります。

 

家族で共有していて自分専用のグッズを持つことができないのであれば、「手専用の爪切り」と「足専用の爪切り」を分けて使用しましょう。

 

手よりも足の方がばい菌が数多く付着しており、他人の皮膚へとうつる可能性が高くなるので十分に注意してください。

 

 

「陥入爪の原因」についてのページ