陥入爪と体重

 

 

陥入爪と体重について

巻き爪や陥入爪といった症状と体重の増加には大きな関係性があります。

 

体重が増えれば増えるほど、立った時に足や爪に大きな負担が加わるため、痩せている人間よりも巻き爪になりやすいのは当然です。

 

最初は軽く親指の爪が巻いている状態でも、症状の進行によって皮膚へと突き刺さり、陥入爪へと発展するケースも少なくありません。

 

自分の体重は全て2本の足で支えており、急激に体重が増えれば想像以上に大きな負担が足や爪に加わるため、メタボリックシンドロームの方は十分に注意した方が良いのです。

 

「巻き爪や陥入爪で親指に痛みが加われば、自然と体重をかけなくなるから症状の進行は抑えられるのではないか?」と考えている方はいらっしゃいます。

 

しかし、痛みをカバーするような不自然な歩き方で巻き爪の症状は悪化しやすく、「すねが張る」「肩こりが酷くなる」「首が凝る」「疲れやすくなる」など、他の部位へも悪影響なのです。

 

足は身体全体の健康と密接に関わっているのは間違いないので、巻き爪や陥入爪を予防するためにも著しい体重の増加には注意しましょう。

 

フットケアを行っているサロンや整骨院でも、巻き爪や陥入爪の症状を悪化させないために体重を落とすようにと説明を受けるはずです。

 

もちろん、ダイエットをしても既に変形した親指の爪は自然と元通りにはならないので、当サイトでご紹介している巻き爪ブロックの使用をおすすめします。

 

インターネット通販でも高い人気と評判を得ている巻き爪矯正グッズなので、一度使用してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、既に巻き爪や陥入爪の症状で悩まされている人は、自然と体重が増えていく傾向にあります。

 

軽く巻いただけならばまだしも、陥入爪に陥っていると親指の爪の食い込みによる痛みを回避するために、スポーツなどの運動だけではなく歩く機会もできる限り減らそうと考えるはずです。

 

つまり、「食生活が乱れて太り始める」⇒「巻き爪が引き起こされる」⇒「運動不足に陥る」⇒「更に体重が増える」⇒「巻き爪が陥入爪へと変化する」⇒「痛みで日常生活に支障が出る」と、負のスパイラルに陥りやすいので注意しなければなりません。

 

もちろん、肥満の人が激しい運動を行うと親指に負担がかかるため、体重が増え過ぎないように毎日の生活の中で予防が必要となります。

 

現代では交通機関の発達で便利に過ごせるようになりましたが、その影響で運動不足に陥りやすいので、日頃から身体を動かす習慣をつけてください。

 

 

「陥入爪の原因」についてのページ