陥入爪とパンプス

 

 

陥入爪とパンプスについて

女性の方はオシャレなパンプスを履くことが多いかもしれませんが、これが原因で陥入爪が引き起こされている可能性は十分にあります。

 

ハイヒールとパンプスの違いが良く分からないという方はいらっしゃいますが、ハイヒールは止め具がなく6cm以上のものを指し、パンプスはヒールが6cm以下のものを指すのです。

 

この先の尖ったパンプスなどを日常的に履き続けることにより、足の指先が圧迫され、陥入爪だけではなく、巻き爪や外反母趾といった足のトラブルが引き起こされやすくなります。

 

足先の細い靴を履かなければ陥入爪にならないというわけではなく、自分のサイズに合わないパンプスを履き続けることでだんだんと爪に異常が引き起こされてしまうのです。

 

サイズが小さすぎると指や爪が圧迫されますし、サイズが大きすぎると今度は足が靴の中で遊んでしまい、無駄な圧力がかかります。

 

そのため、自分の足のサイズにピッタリと合った靴を履くように心掛けていかなければなりません。

 

また、パンプスだけではなくハイヒールも陥入爪の原因となり、色々な足のトラブルが引き起こされる可能性があります。

 

ハイヒールを履くということは、ヒールによってついた角度と同じ下り坂を歩いていることになり、人は下り坂を降りる際に体重が下へと掛かり、その圧力が足にも同じように掛かるので、悪い影響が及ぼされるのです。

 

例えば、上りの階段と下りの階段では、前者の方が疲れるというイメージがあるかもしれませんが、実は全体重が足腰に掛かる分、後者の方が足腰へのダメージは大きくなると説明できます。

 

このようなハイヒールを履き続けることで、どのような影響が引き起こされるかお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

しかし、先の尖ったパンプスを履かないように心掛けていたとしても、既に陥入爪の傾向があるのであれば、何らかの処置を施さなければ症状は悪化していくばかりです。

 

現在では、皮膚科や形成外科といった病院で陥入爪を治すための手術や、矯正グッズを使った改善が取り入れられており、自分に適した方法で対処していくことにより、少しずつ症状を和らげられます。

 

手術を行うにしても、矯正グッズを利用するにしても、陥入爪を完治させるためにはある程度の期間が必要で、直ぐに治るというわけではありません。

 

そのため、根気良く治療を行っていかなければならないということを、きちんと把握しておいてください。

 

 

「陥入爪の原因」についてのページ