陥入爪と靴

 

 

陥入爪と靴について

陥入爪の大きな原因として、普段履いている靴に問題があるということをご存知でしたか。

 

女性などは先が尖ったハイヒールなどを履く機会が多いかもしれませんが、その影響で爪や足の親指に大きな負担がかかり、だんだんと陥入爪になってしまいます。

 

デザインを重視して自分に合わない靴を履いているという方もいらっしゃいますが、これが原因で陥入爪になっていることを把握しておかなければなりません。

 

遺伝といった先天的な問題で引き起こされている方はいらっしゃいますが、多くが日常生活に大きな原因が眠っているのです。

 

サイズが小さな靴が陥入爪の原因となるだけではなく、大きな靴を履いていることで足が靴の中で動き、つま先に負担がかかるというケースもあるため、まずは自分のサイズに合った靴を探す必要があります。

 

窮屈すぎる靴は大きな負担がかかるので、少し余裕がある程度の靴を選ぶのがベストです。

 

女性の方は特にお洒落に気を配って見栄えを重視して靴を選ぶと思われますが、圧力のかかる靴を履くのであればそれなりのフットケアを念入りに行っていかなければなりません。

 

陥入爪を治すために、病院や自宅で矯正グッズを使って改善できるのですが、根本的な原因を解決しない限り、再発する可能性があるということを頭に入れておく必要があります。

 

もし、自分の足に負担がかかる靴を履き続けているのであれば、一度陥入爪が治ったとしても、また徐々に皮膚に食い込むような爪へと変化してしまうので、生活習慣の改善が大切です。

 

仮に、既に陥入爪が引き起こされているのであれば、靴を変えたとしても現状維持にしかならず、陥入爪を完全に治すことはできないので、当サイトでご紹介している巻き爪ブロックをおすすめします。

 

自宅で簡単に使用できる矯正グッズで、取り外しも自分で容易にできるので、一度試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、普段から使用する靴を変えるのは有効な予防法の一つですが、これだけではなく、家の中では靴下やストッキングを脱いで、足の爪に負担を掛けないような心掛けが大切です。

 

五本指ソックスを履いているという方はいらっしゃると思われますが、これは指の1本1本を締め付けるような仕組みとなっているので、爪が圧迫されて陥入爪の大きな原因となります。

 

また、歩き方も非常に大事で、つま先から地面に着地しているという方は、知らず知らずのうちに負担が掛かっているので、遠くに視線を向けてかかとから着地するように注意しましょう。

 

 

「陥入爪の原因」についてのページ