陥入爪と肥満

 

 

陥入爪と肥満について

陥入爪が引き起こされる大きな原因として、肥満が挙げられることをご存知ですか。

 

慢性的な肥満や妊娠などによって急激に体重が増加したという方は、それだけ指や爪に大きな負担がかかるので、それだけ陥入爪や巻き爪に悩まされやすくなります。

 

それに、肥満の方は下肢の血流障害が引き起こされる傾向にあり、それが原因で陥入爪になりやすくなるとも考えられているのです。

 

もちろん、肥満の方全てが陥入爪になると言い切れるわけではありませんが、体重が増えれば増えるほど爪が皮膚に食い込みやすくなるということはお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

実際に肥満の方は、陥入爪で悩まされることが多くなっているので、体重増加によって爪が変形しやすくなるというのは紛れもない事実なのです。

 

妊娠によって急激に体重増加したという方は仕方ありませんが、普段よりも丁寧にフットケアを行わなければ症状は悪化していくばかりですので、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックをおすすめします。

 

肥満の方が急に体重を落とすというのは困難な話で、無理なダイエットをすると健康的に宜しくないので、矯正グッズで爪が変形しないようにケアするのが大事です。

 

巻き爪ブロックは、自宅で使える矯正グッズの中で、最も人気を得ている製品なので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、上記でご紹介したような陥入爪矯正グッズに頼るのは効果的なのですが、肥満を改善しなければ意味がないということを頭に入れておきましょう。

 

一度重度の肥満になると、適正な体重に落とすまでにかなりの時間を要しますし、体重が増えれば増えるほど腰や膝に大きな負担がかかり、臓器の不調を訴えるという方も少なくないのです。

 

それに、太っていると血糖値が上がりやすい傾向にあるので、糖尿病のリスクが上昇するという弊害もあります。

 

痩せることでインスリンの働きが円滑に行われるようになり、血糖値のコントロールがしやすくなるのですが、肥満の方はインスリンを分泌しているすい臓が酷使されるので働きが鈍くなるというわけです。

 

このように、肥満によって様々な影響が身体の至る部分に引き起こされるということがお分かり頂けたと思います。

 

肥満で何一つ良いことはないので、体重が増えているなと感じたのであれば、予防のためにダイエットを始めるべきです。

 

ダイエットといっても無理に食事制限を行うのではなく、自分のできる範囲で運動をして、消費エネルギーが摂取エネルギーを上回るようにしてみてください。

 

 

「陥入爪の原因」についてのページ