陥入爪と深爪

 

 

陥入爪と深爪について

陥入爪が引き起こされる一番の原因は爪の切り方にあり、深爪傾向になっているという方が陥入爪に悩まされやすいという特徴があります。

 

陥入爪が引き起こされているという方は、爪の角が皮膚に当たって痛みが引き起こされるため、その部分をどうしても切りたいと考えるかもしれませんが、痛みが引き起こされない部分まで切ってしまうと必ずと言っていいほど深爪となり、爪の成長に伴って巻いたように生えてくるというように悪循環に陥るのです。

 

深爪をすれば一時的に痛みから解放されることは間違いありませんが、余計に肉が盛り上がって爪が押されるようになるので、更に激しい陥入爪になってしまいます。

 

そこで、爪の端が外に出るまで伸ばせば良いのですが、既に陥入爪が引き起こされているという方は爪を伸ばすのが困難だと思われるので、コットンパッキングという方法がおすすめです。

 

これは、ピンセットを使用して清潔なコットンやティッシュを爪と皮膚の間に詰め込むという方法で、トンネルができて爪が肉に刺さる現象を改善できます。

 

コットンパッキングは、自宅で気軽に行える方法の一つなので、試す価値は大いにあるでしょう。

 

しかし、コットンパッキングを行う際に、無理にコットンやティッシュを詰めすぎてしまうと、爪が割れることがあり、割れたところが新しい角となって皮膚を傷つけ、炎症が引き起こされるので注意しなければなりません。

 

量が少なすぎても効果が期待できないので、少しずつ入れる量を増やしていき、自分の爪にとってベストな量を見極める必要があります。

 

さて、深爪をしているような状態で長時間に渡って歩行を続けていると、歩いた時に床から加えられる力によって軟部組織が持ち上げられ、それが爪を押して陥入爪が引き起こされるという仕組みです。

 

そのため、爪のあらゆるトラブルを未然に防ぐためにも、深爪をしないように普段の爪切りを丁寧に行う必要があります。

 

爪が伸びていると不潔に思われてしまうため、ギリギリまで切っているという方がいらっしゃいますが、それ故に深爪が引き起こされるので、爪の白い部分を1mm程度残すような切り方を心掛けてください。

 

調整が難しいという方は、ある程度の部分まで爪切りで切ったら、その後はやすりの使用をおすすめします。

 

やすりで少しずつ削ることにより、ちょうど良い長さを維持できるのです。

 

爪は小さいので気に掛けない方が多いのですが、人間の身体の中でも重要な部分なので、丁寧なケアを心掛けましょう。

 

 

「陥入爪の原因」についてのページ