陥入爪の原因

 

 

陥入爪の原因について

なぜ陥入爪が引き起こされてしまうのか、疑問に感じているという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで、このページでは陥入爪が引き起こされる原因について、詳しく説明しております。

 

陥入爪は、症状が悪化すると治りにくいので、原因をきちんと把握して予防を心掛けるようにしてください。

深爪が原因で陥入爪になる

爪の先端が皮膚に食い込む陥入爪と、爪の両端が巻いたように変形する巻き爪は同時に引き起こされることが多く、どちらの症状にしても深爪が大きな原因であると言われております。

 

足の爪の理想的な長さは、先端の肉よりも少し伸びた辺りで、白い部分を1〜1,5mm程度残す必要があるのです。

 

しかし、清潔さを保ちたいがために切りすぎて深爪の状態になると、先端の皮膚が露出して盛り上がり、常に成長を続ける爪がその部分に当たり、皮膚に食い込むことで陥入爪が引き起こされる仕組みとなっております。

 

それに、深爪をすること自体が皮膚にとって悪影響なので、正しい長さを保つようにきちんと心掛けてください。

靴との接触が原因で陥入爪になる

靴との接触が原因で、陥入爪になることもあります。

 

靴は誰でも履くものであり、靴を履かずに素足で歩いているという方はいらっしゃらないと思われますが、自分に合わないサイズの靴を長期間に渡って履いていたり、つま先が細く爪に大きな刺激がかかる靴を履いていると、だんだんと爪が変形していくのです。

 

特に女性は、先が尖ったパンプスやヒールが高い靴を履くことが多く、それが原因で陥入爪が引き起こされている可能性は十分にあるので注意しなければなりません。

 

デザインで靴を選びたいと思うのは仕方ありませんが、靴と接触をする爪のことを考える必要があります。

外傷が原因で陥入爪になる

上記で説明した靴による刺激と似ている部分はありますが、爪の上に重いものを落としたという外傷によって陥入爪が引き起こされることがあります。

 

特に、サッカーといったつま先に負担がかかるスポーツを定期的に行っている方は、これが原因である可能性が非常に高いです。

遺伝が原因で陥入爪になる

遺伝による影響は少ないと言われていますが、それでも陥入爪になりやすい体質を親から受け継ぎ、陥入爪の原因になっているという方はいらっしゃいます。

 

爪の形や指の形は親に似る傾向があり、それが遺伝によって受け継がれるというわけです。

 

もし、ご両親が陥入爪で悩まされているのであれば、早めに予防を試みた方が良いでしょう。

 

 

「陥入爪の原因」についてのページ