陥入爪の治療とワイヤー

 

 

陥入爪の治療とワイヤーについて

深爪などが原因で引き起こされる陥入爪は、自宅で矯正グッズを使用して改善することが可能となっておりますが、症状が進行すればするほど自分では治せないことが多くなっております。

 

そこで、病院でワイヤーを使用した治療を受けるのがおすすめです。

 

病院によって使われるワイヤーの種類には違いが生じておりますが、基本的には爪の先端部分に2ヵ所の穴をあけ、そこに超弾性のワイヤーを通します。

 

爪が正常な状態まで矯正されるまでにある程度の時間がかかりますが、超弾性ワイヤーが持ち合わせている弾力を利用し、少しずつ陥入爪を治せるのです。

 

麻酔や手術をせずに陥入爪の治療ができるというところがワイヤーの大きなメリットで、ワイヤーで軽く爪を引き上げる施術であるため、矯正直後から痛みが軽減されます。

 

しかも、矯正期間中に日常生活に支障が出ることはほとんどないので、普段と同じように生活をしていくことができるのです。

 

とは言え、あまりにも大きな衝撃を与えすぎてしまうと、爪の部分が割れてワイヤーが外れてしまう危険性があるので、医師から説明があると思われますが、痛みが引き起こされないからといって激しい運動は行わない方が良いでしょう。

 

ただし、形状記憶ワイヤーを使用した治療は、ある程度爪を伸ばさなければ穴をあけられないというデメリットがあり、陥入爪の痛みによって爪を伸ばせないという方には向いていないのです。

 

そこで、そのような方には、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックが適しております。

 

巻き爪ブロックであれば、爪が伸ばせないという方でも気軽に使用できるので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、形状記憶ワイヤーを使用した陥入爪の治療は、病院によって掲示される金額が異なり、しかも保険が適用されない施術となっておりますが、大きな費用が必要というわけではありません。

 

詳しくは自分が訪れる病院のホームページなどを参照するのが一番ですが、初診料とワイヤーを使った施術で約1万円、そしてワイヤーを交換する費用が約4千円となっております。

 

陥入爪の症状が酷い方は矯正期間が長くなるので一概には言えませんが、合計で3万円〜5万円の範囲で治療ができるというわけです。

 

美容整形などと比べると、陥入爪の治療は比較的安い価格で施術を受けられるということがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

他の病院での治療も莫大な費用がかかるというわけではないので、陥入爪で悩んでいる方は一度相談してみてください。

 

 

「陥入爪の治療」についてのページ