陥入爪とチューブ

 

 

陥入爪とチューブについて

これは病院で行われている陥入爪の治療法の一つなのですが、ガター法と呼ばれる施術が行われており、陥入している爪の角を持ち上げてチューブを挿入し、人口爪で覆うことで痛みを和らげられるのです。

 

チューブを使用した方法は手術ではなく矯正の一つであり、爪の欠損を補う義爪にもなるので、同じように痛みを和らげるテーピング法よりも効果が高いと言われております。

 

テーピング法はドラッグストアで販売されている弾性絆創膏を使って自宅でケアできるというメリットがあるのですが、これだけでは思うように痛みを解消できないことがあるのです。

 

その点、病院で行われているガター法は、専門医の中でも推奨している方が多く、人工的に爪を伸びやすくする施術なので、陥入爪の治療として非常に適しております。

 

チューブを使用したガター法は全ての病院で行われているというわけではないので、この治療法を行っている病院を探すことから始めなければなりません。

 

陥入爪の治療に限った話ではありませんが、できる限り近場の病院で施術を受けるのがベストなので、チューブを使った治療を行っている病院がないというのであれば、その他の方法を選択する必要があります。

 

陥入爪に気が付いた際、自然に治るだろうと考える方がいらっしゃいますが、ただ悪化していくのを見守るだけになってしまうので、必ずしもガター法ではなくても早い段階で病院へと行くべきです。

 

それでも病院での治療を受けたくないという方には、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックが適しております。

 

炎症や化膿を引き起こしているのであれば病院へと行くべきですが、軽度の症状であれば巻き爪ブロックで完治できるので試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、このページで説明しているガター法は、爪を抜かずに陥入爪の対処ができますし、健康保険の適用となるので患者さんの負担を和らげられるという大きなメリットがあります。

 

ただし、個人の症状によってはチューブが直ぐに抜けてしまうことがあり、その度に病院で施術を受けなければならないというデメリットがあるのです。

 

短期間に何回も施術を受けることも決して少なくないので、頻繁に病院へと通えないという方にはガター法は適していないと説明できます。

 

また、専門医から説明があると思われますが、湾曲が強い陥入爪の場合は適さないことが多いので、そのような時は医師の指示に従うのがベストだと言えるでしょう。

 

 

「陥入爪の治療」についてのページ