陥入爪の治療は何科?

陥入爪の治療は何科?

「陥入爪の治療は何科で行えば良いの?」という疑問を抱えている方は、少なからずいらっしゃるでしょう。

 

ホームページで調べたとしても、何科を受診すれば良いのか全く分からないということは十分にあり得ます。

 

一般的に陥入爪は皮膚の病気の一つであると考えられるため、皮膚科を訪れるのが良いと思われますが、皮膚科が陥入爪を専門に取り扱っているというわけではなく、病院の何科が専門であると定められているわけではないのです。

 

そのため、必ずしも皮膚科ではなくても、総合病院や形成外科、整形外科でも陥入爪の症状を診てくれると思います。

 

それに、それぞれの病院で行われる陥入爪の治療法に決まりはなく、病院の医師の判断によって治療方針が決まるので、インターネットであらかじめどのような治療が行われているのか把握しておいた方が良いかもしれません。

 

一般的に何科を受診しても同じような陥入爪の治療を受けられるという可能性はありますが、皮膚科では爪をカットして痛みを軽減させたり、矯正器具を使った治療が、形成外科や整形外科では爪を剥がすといった外科的な治療が実施されております。

 

一概には説明できませんが、このような傾向が強いという事実があるので、心配な方は病院に電話をして確かめておくのがおすすめです。

 

また、必ずしも病院で治療を受けなくても、自宅で矯正できるというのが陥入爪という症状で、巻き爪ブロックで痛みを和らげることが可能となっております。

 

決して即効性のある治療法ではありませんし、完全に正常な状態へと戻すにはある程度の期間が必要ですが、安全に自宅で陥入爪を治していけるので、興味がある方は試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、多くの方は病院で陥入爪を治そうと考えるかもしれませんが、最近では陥入爪を取り扱っているフットケアサロンが存在します。

 

外科的な手術はフットケアサロンでは行われていないものの、皮膚の肉に食い込んだ爪をカットしたり、陥入爪の症状が悪化しないようにトリートメントを施すといったように、個人の症状に合わせて色々なメニューが取り揃えてあるのです。

 

病院での治療は緊張してしまうかもしれませんが、フットケアサロンであれば、リラックスして陥入爪の症状を和らげていくことができます。

 

フットケアサロンによって異なるので一概には説明できませんが、男性の入店を禁止しており、女性しか受けられないところもあるので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

「陥入爪の治療」についてのページ