陥入爪の治療の痛み

 

 

陥入爪の治療の痛みについて

陥入爪の方は、なぜ痛みが引き起こされるのか不思議に思うかもしれませんが、それは歩いた時などに爪の縁が皮膚や肉に刺さり、人によっては炎症が引き起こされるからです。

 

陥入爪の方は同時に巻き爪となっている方が多く、爪を伸ばすと痛みが増幅されるため、爪を短くすれば一時的に痛みを抑えることができるのですが、爪が伸びた時に更に巻き込みが激しくなり、より重度の陥入爪となってしまいます。

 

このような悪循環を避けるために、早めに陥入爪の治療を行った方が良いのですが、方法によっては施術の際に痛みを感じることがあるので注意が必要です。

 

現在ではあまり行われていないものの、手術で爪の根を取り去る陥入爪の治療は、麻酔が効いているので施術中は痛みはありませんが、術後の痛みが激しいというデメリットがあります。

 

患者さんに大きな負担がかかるということで、現在ではこの治療法を実施している病院が少ないのです。

 

その点、メスを使わずに薬品を用いて爪を腐食させ、生えてこなくさせるフェノール法と呼ばれる陥入爪の治療は、大きな痛みが引き起こされることがありません。

 

保険も適用される治療となっているので、多くの方から支持を受けているというわけです。

 

それでも、麻酔による痛みは引き起こされてしまうので、それも避けたいという方は、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックが適しております。

 

巻き爪ブロックは薬剤や麻酔などを使用せずに、自宅で陥入爪の矯正が行えるのです。

 

爪の食い込みによって引き起こされていた痛みを軽減できることは間違いないので、是非購入してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

「病院で行われている陥入爪の治療は、全て痛いのではないか?」と考えて、中々治療に踏み切れないという方がいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

多くの病院で行われているワイヤー法とプレート法は、痛みがない治療法ということで支持を集めております。

 

どちらも保険が適用されないので、ある程度の費用がかかってしまいますし、即効性のある治療とは言えませんが、手術や麻酔のような痛みを味わうことなく陥入爪を治していけるのです。

 

ワイヤー法は矯正力が強いというメリットがあり、プレート法は寝具や靴下を誤って破損することがないというメリットがあります。

 

どちらの治療法も一長一短があるのですが、何らかの効果は必ずあるので、どちらが自分に適しているのか専門医に尋ねると良いでしょう。

 

 

「陥入爪の治療」についてのページ