陥入爪の治療は保険が利く?

 

 

陥入爪の治療は保険が利く?

陥入爪の治療は保険が利くのかどうか、気になるという方は多くいらっしゃると思います。

 

健康保険が適用されるのであれば、年齢によって異なるものの、3割負担で済むので、陥入爪の治療費が大きな重荷になることがないのです。

 

誰でも保険の対象となった治療を受けたいと考えるかもしれませんが、陥入爪の治療に至っては保険が適用される施術と適用されない施術があります。

 

保険が適用されるのは陥入爪の手術を行った場合で、症状が進行していて矯正ではどうしようもないと判断された時は、爪と皮膚の間に溜まった感染炎症組織を出すことが必要不可欠です。

 

手術と聞くと、大掛かりなものを想像する方が多いかもしれませんが、どの方法でも陥入爪の手術は簡単となっており、皮膚を消毒してから麻酔を打ち、手術が完了するまで約30分程度で終わってしまいます。

 

術後のセルフケアは大事なのですが、入院をする必要はありませんし、手っ取り早く治せるので、保険適用の手術を利用するというのも一つの方法だと言えるでしょう。

 

保険が利くので、初診料や血液検査、そして手術の際にかかる費用やその後の通院費用を全て合わせて約2万円以下には収まるはずなので、患者さんに大きな負担がないということがお分かり頂けるはずです。

 

「保険が利かない陥入爪の治療は凄く高いのではないか?」と考える方はいらっしゃいますが、実は保険が適用されない治療法であっても莫大な費用がかかることはありません。

 

痛みが全くない治療法として、病院ではマチワイヤーと呼ばれる器具を使用した施術や、爪の表面にプレートを貼って徐々に矯正していく施術が挙げられますが、どちらも保険が適用されないものの、トータルで約3万円〜5万円程度の費用で受けられます。

 

症状が進行しているという方は、器具で矯正を行ってから半年間以上治るまでに要するかもしれませんが、そこまで負担のかからない費用で少しずつ陥入爪を治していくことができるのです。

 

以上のように、保険が適用される治療も適用されない治療も、非常に安い価格で利用できるということがお分かり頂けたのではないでしょうか。

 

それでも高いと感じる方は、自宅で矯正できる巻き爪ブロックがおすすめです。

 

巻き爪ブロックであれば、1回につき3,000円という格安の価格で陥入爪を矯正しておくことができます。

 

バネが元の長さよりも1mm以上伸びてしまったら取り替える必要がありますが、それでも安いことには変わりないので是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

 

 

「陥入爪の治療」についてのページ