陥入爪の治療費

 

 

陥入爪の治療費について

陥入爪を治すためにどのくらいの治療費がかかるのか、気になるという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

これは陥入爪に限った話ではなく、どんな怪我や病気でもかかる治療費は気になるはずです。

 

病院で行われている治療には保険が適用されるものと適用されないものがあり、更に病院によっても掲示されている治療費は異なるので、一概には説明できませんが、美容整形のように膨大な料金はかかりません。

 

症状の度合いによって治療期間が異なるので、症状が悪化している方はそれなりに大きな治療費を支払う必要があるものの、目を疑うような価格ではないので安心してください。

 

そこで、このページでは治療法別に、どの程度の料金がかかるのか詳しく説明しているので、参考にしてみましょう。

巻き爪ブロックの治療費

このサイトでご紹介している矯正グッズである巻き爪ブロックの治療費は、3,000円と非常に安くなっております。

 

中には病院での治療が受けられないという方がいらっしゃるかもしれませんが、巻き爪ブロックは自宅で矯正できるので、お仕事で忙しいという方でも安心です。

 

また、この製品は自分の爪に合わせて3段階のバネのサイズが用意されているのですが、この3つが全て入っているセットがあり、その価格は3,600円と非常にお得となっております。

 

どのサイズが自分に合うのかは実際に試してみなければ分からないので、3つのサイズが入ったセットが一番おすすめです。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

ワイヤーによる矯正の治療費

病院ではワイヤーを爪に装着して陥入爪を治すという治療が行われております。

 

ワイヤーが持ち合わせている形状記憶機能を利用し、皮膚に食い込んでいる爪を真っ直ぐにして痛みを和らげてくれるのです。

 

残念ながらワイヤーによる矯正は保険適用外の治療となっておりますが、初診は8,000円〜12,000円程度となっております。

 

病院によって差が生じているので自分が利用する病院のホームページなどをチェックする必要がありますが、2回目以降の治療は更に安くなるので、合計で3万円〜5万円が相場です。

形状記憶合金プレートによる矯正の治療費

爪に形状記憶合金プレートを貼り、陥入爪を改善する治療も一般的となっております。

 

ワイヤーによる矯正を行うには、爪の白い部分に通すため、ある程度爪を伸ばさなければなりませんが、痛みで爪を伸ばせないという方に形状記憶合金プレートを使った矯正が適しているのです。

 

こちらも保険が適用されないのですが、初診を入れてトータルの治療費は数万円と非常に安くなっております。

 

 

「陥入爪の治療」についてのページ