陥入爪を鬼塚法で

 

 

陥入爪を鬼塚法で治そう

現在では病院であまり行われていない陥入爪の手術なのですが、以前は鬼塚法と呼ばれるものが頻繁に利用されておりました。

 

鬼塚法は陥入爪の手術の代名詞とまで言われており、爪の端を短冊状に切り取り、爪の根から切除して新たな爪が生えてこなくするという手術となっております。

 

陥入爪の方は、皮膚の肉に爪が食い込むという症状に悩まされており、歩行の際に痛みが生じるということも決して少なくはないのです。

 

しかし、鬼塚法で手術を受けることによって、爪の伸びていく先が肉に食い込むという症状を改善でき、更に治療後はスムーズに伸びていけるようになるので、陥入爪を完治できると説明できます。

 

ただし、鬼塚法は手術の前に局所麻酔が使われるので、この痛みに耐えなければなりません。

 

また、術後の痛みが非常に強く、人によっては鎮痛剤を使用しても痛みを我慢できないという方がおり、患者さんにとって大きな負担となるということで、現在ではあまり鬼塚法が利用されていないのです。

 

医師から説明を受けると思われますが、極めて慎重に適応を考えるように注意を喚起している手術であると言えます。

 

そこで、痛みなく陥入爪を治したいと考えている方には、巻き爪ブロックがおすすめです。

 

「自宅で陥入爪を治すことができるの?」という疑問を抱いている方はいらっしゃるかもしれませんが、巻き爪ブロックを使用すれば少しずつ症状を和らげられます。

 

陥入爪によって引き起こされている辛い痛みから解放されることは間違いないので、是非一度試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、陥入爪を治す手術である鬼塚法は、デメリットが多く存在します。

 

上記でも術後の痛みが強いと説明致しましたが、それだけではなく、爪の幅を狭くする手術であるため、他の手術や矯正と比べて見栄えが悪くなったり、指に力を入れにくくなったりするのです。

 

それに、残った爪が巻いてきて、以前よりも更に酷い状態になる可能性も、決してゼロではありません。

 

他の手術でも100%陥入爪を治せるというわけではありませんが、鬼塚法によって再発することが多いために、現在ではあまり利用されていないと説明できます。

 

もちろん、鬼塚法の全てを否定するというわけではありませんが、危険度が高い施術であると言えるので、この手術を利用して治そうと考えている方は、あらかじめ専門医の説明をしっかりと聞いてください。

 

そして、メリットとデメリットを把握した上で、手術を受けるというのが一番です。

 

 

「陥入爪を病院で」についてのページ