陥入爪をレーザーで

 

 

陥入爪をレーザーで治そう

最近ではほとんど痛みを伴わない陥入爪の治療として、レーザー治療が行われております。

 

レーザーを照射するということで痛みが引き起こされてしまうのではないかと考える方がいらっしゃいますが、他の手術と比べて施術中も術後も痛みがないというメリットがあるのです。

 

メスを使用して行われる陥入爪の手術では、術後に激痛が数日間に渡って続くということがデメリットでしたが、レーザー治療は爪の幅の3分の1を再生できなくなるようなオペで、特に大きな痛みに悩まされるということはないでしょう。

 

ニキビ跡の治療にもレーザーは使われており、これからも色々なレーザー治療が行われていくことは間違いありませんが、陥入爪の治療ではあまりレーザーが用いられていないのです。

 

それは爪を形成している爪母を切除するためにレーザーを用いるのですが、3分の1程度しか切除できないため、レーザー治療を行ったのにも関わらず、大きな効果を得られなかったという方はいらっしゃいます。

 

それに、陥入爪によって炎症や化膿が引き起こされているという方は、レーザー治療で大きな改善を望むことができないので、他の矯正方法や手術方法を考えなければなりません。

 

このサイトでご紹介している巻き爪ブロックも、同じように炎症が酷いという方には適しておりませんが、ある程度症状が進んだ陥入爪でも少しずつ改善していくことができます。

 

更に、自宅でバネをつけるだけでケアができるというところが大きなメリットなので、一度試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

現在の病院では、陥入爪の治療のためにレーザーを使用しているところは少ないかもしれませんが、その他の方法は色々とあります。

 

皮膚科や形成外科といったところでは、薬剤を使用して行われる手術やワイヤーを使用した陥入爪の矯正、そしてプレートを爪の表面の貼り付けて行われる矯正など、個人の状態に合わせて行う治療は変えられるのです。

 

どの方法が適しているかは自分では判断できませんし、専門医の指示に委ねるという形になりますが、自宅で矯正グッズを使用して思うような変化が得られなかったという方は、病院を利用した方が良いでしょう。

 

 

「陥入爪を病院で」についてのページ