陥入爪の治し方

 

 

陥入爪とは

巻き爪ブロック

陥入爪(かんにゅうそう)とは、足の母趾に多く見られる症状の一つで、爪の先端や側面が周囲の肉に食い込み、炎症を引き起こしている状態のことを指します。

 

爪が巻いたようになる巻き爪と混同される方がいらっしゃいますが、陥入爪とは異なるものです。

 

しかし、一般的に両方の症状を併発してい方が非常に多いのも事実です。

 

陥入爪の原因は人によって様々なので、一概に説明することはできませんが、先の尖った靴による圧迫や深爪の習慣などが挙げられます。

 

痛みから解放されたいがために、陥入爪を引き起こしている方は深く爪を切る傾向にあるのですが、一時的に痛みはなくなるものの、再度爪が伸びた時により巻き込みが強化され、また深爪をしなければならないといったように、悪循環が引き起こされてしまうのです。

 

爪の角は皆さんが思っている以上に鋭利なもので、症状が悪化することによって細菌が皮膚の中に侵入し、腫れや化膿が引き起こされる可能性が高いので十分に注意しなければなりません。

 

陥入爪は性別や年齢に関係なく引き起こされるという特徴があるので、「自分は大丈夫」と決め付けるのは非常に危険です。

 

病院で治療を行うとしても、大掛かりな手術に至るケースは少ないのですが、それでも症状が進めば進むほど治りにくくなることは確かですので、早めに対処する必要があります。

 

そこで、このサイトでは自宅で陥入爪を矯正するグッズや、病院で実際に行われている治療法について詳しく説明しているので、是非参考にしてみてください。

効果的な陥入爪の治し方は巻き爪ブロック

巻き爪ブロック

陥入爪を治したいのであれば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックがおすすめとなっております。

 

酷く巻いている巻き爪を正常な状態に戻せる治し方というだけではなく、皮膚に爪が食い込んだ陥入爪でも平らな爪に戻すことができる素晴らしい矯正グッズなのです。

 

「陥入爪が痛くて思うように歩くことができない」「足元のオシャレを楽しめない」「爪が刺さってスポーツができない」と悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

 

陥入爪の初期症状はそこまで深刻なものではありませんが、炎症が引き起こされているのにも関わらず放置していると、最悪の場合には指を切断しなければならないという事態も考えられるのです。

 

そのような深刻な状態になる前に、巻き爪ブロックで陥入爪を治した方が良いでしょう。

 

巻き爪ブロックの販売店はインターネットなので、簡単に入手できるのもメリットの一つです。

 

巻き爪ブロックは、特殊なバネを爪の表面につけるだけなので、普段と同じように生活ができるので、一度試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら